【韓国】文在寅大統領の側近チョ・グク氏に娘の不正入学などスキャンダル続出

次期法相候補にスキャンダル続出

今日、話題のチョ・グク氏の聴聞会が開かれる予定だったので注目だったんだけど、中止になったようで残念。いまチョ氏のホロスコープはなかなかハードな状態なので。

チョ氏といえば文在寅大統領の側近中の側近と言われ、次期韓国大統領の呼び声も高かったようだが、法務部の長官(法相)候補に指名された直後に娘の高麗大学不正入学疑惑や、息子の兵役延期疑惑などが出てきた渦中の人物。

その他にもチョ氏には、ヘッジファンドの不正投資疑惑、不動産の偽装売買疑惑、父親の学校法人を相続した際の偽装訴訟疑惑などが一気に噴出し、文政権への逆風になっている。

超学歴社会の韓国で

そうした数ある疑惑の中でも、超学歴社会の韓国における娘の不正入学についてはことさら問題視されていて、高麗大学やソウル大学で抗議デモ「ろうそく集会」が行われ、その真相を追求する声が激化しているという。

なんでもチョ氏は、前大統領の朴槿恵氏の朋友チェ・スンシル氏の娘の不正入学が取り沙汰された時に、先鋒に立って糾弾していたというので、それも相まってブーメランというか「おまいう」って話になってるのかと。

1965年生まれ


チョ氏は1965年生まれで、この世代はこれまでも触れてきたけど配置がかなり特徴あるレア世代。

またこのタイミングで次期法相に指名されたっていうのが、まさに文大統領政権を揺るがせるべく選ばれし人かのようで、非常に興味深いよね占星術愛好家としては。っていうかこのホロスコープ、今問題が出なければいつ問題出るの?っていうレベルなので。

皮肉な暗示

上に書いたようにチェ・スンシル氏の娘の不正入学のときにこの人が先鋒に立って糾弾していたと言うのは、人並み外れた批判力にあると思うんだけど、そうやって他者を追い込んだとしても、自らも追い込まれる皮肉な暗示もあるっていうね、この図には。

また土星が魚座12度っていうのが、まさしく選ばれし人っていう感じだけど、なにせ1965年生まれなのでそうイージーな話じゃないかな。

あとこの図は太陽・金星・水星がポツンと牡羊座にあって、それに比べて月のハードさっつったらこれ以上ないレベルかと。

いずれにしても聴聞会は中止になったけど、その代わりに行われた会見で、チョ氏はあらためて法相を辞退する考えがないことを表明したというが。