木梨憲武氏が特番出演なし、とんねるず解散?――まあ普通にホロスコープ通りだと思う件

image

とんねるずの木梨憲武氏が話題になってる。長年フジTVでレギュラーだった「とんねるずのみなさんのおかげでした」の人気コーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ」が、このたび2時間の特番で復活するらしいが、木梨氏は出演しないという発表が物議を呼んでいる。

もしかして解散?

考えてみればこれには伏線のようなものがあって、最近とんねるずの公式ファンクラブが閉会することが発表されていた。
【出典元】とんねるずオフィシャルファンクラブTN Loungeより大切なお知らせ/とんねるずオフィシャルホームページ

それとともに女性セブンによると、木梨氏がとんねるずの事務所の役員を降りたという情報もあった。

「2人は石橋さんが社長を務める個人事務所に所属していますが、この6月に木梨さんがその取締役から降りました。木梨さんは別の芸能事務所を持っていて、そこには奥さんの安田成美さん(51才)が所属しています。コンビで活動する機会がほとんどないなか、木梨さんが役員を辞めたため、木梨さんが“夫婦で同じ事務所に?”と独立を案ずる声もあります」
【出典元】木梨憲武&安田成美、夫婦独立説のなか西麻布での2ショット/NEWSポストセブン

このために今回の出演なし発表に「やっぱり仲が悪いのか」「とうとう解散か」などの声が出ていると思われる。

ズレ感の出す面白さ

で、ご存知のように二人は帝京高校の同級生で、友達同士の「おふざけのノリ」が時代にハマってしまったようなコンビである。ただ同級生と言っても、石橋氏は10月生まれ、木梨氏は3月の早生まれという間柄で、それによってホロスコープの世代感もちょっと異なり、その微妙な差異がコンビの面白さに現れたという感じだ。

木梨氏は以前よりアート関係に方向性を見出しており、自身の個展なども開催して、いわゆる芸人という枠を超えつつある。またヒロミ氏や藤井フミヤ氏などを筆頭に交友関係が豊かなイメージがあり、遊び上手的な印象をもたらしている。まああくまで個人的に感じてるだけだが。

そうした本流のビジネスからちょっと脱線した感があるのは、石橋氏とは対照的と思っていて、石橋氏が本流にフォーカスしているのに対して、木梨氏は以前からちょっと「サブカル感」みたい雰囲気を醸し出しているように感じてる。

つまり石橋氏の野心的な感じを、木梨氏が関係ないことでさらっとかわしていくようなズレが、コンビの面白さを出しているというような。

木梨憲武氏のホロスコープ

木梨憲武氏:出生ホロスコープ

木梨憲武氏:出生ホロスコープ

木梨氏のホロスコープは、太陽→火星→木星と20代半ば~50代前半までの天体がずっと1ハウスにあって、その意味ではシーンに自分を直接押し出していくような生き方になると思う。

特に火星以後は水瓶座なので、そんな中でも上に書いたような逸脱感が出るはずで、その意味ではホロスコープが示すような人生ラインになっている。

ただ、同じ水瓶座だが人生の終末である土星は12ハウスにあるので、自分が前に出て第一線を張るという生き方からは、今後微妙に方向チェンジしていくのかなっていうのが見て取れる。

石橋氏が山羊座の土星であるのに対し、木梨氏は水瓶座なので、当然石橋氏はこれまでの本流通り、いま結果を生みたいというのが感じられるのに対し、木梨氏はより独立志向が高まって、これまでのビジネスの本流からは抜けるのでは、というのを感じる。その差異が、二人の違いになっているのかもしれない。

なので事務所の役員を降りたとか、特番に出ないとかの情報は理由はそれぞれあるだろうけど、木梨氏のホロスコープ的には、「あって然り」な流れかと思うわけで。