【闇営業】宮迫博之氏・田村亮氏が記者会見で経緯を告白、吉本興業の圧力問題が浮上

怒涛の週末

この週末は大騒動の様相だった。

いわゆる闇営業問題に端を発する、一連の吉本興業芸人に絡む問題で、雨上がり決死隊・宮迫博之氏と、ロンドンブーツ1号2号・田村亮氏が独自で記者会見を開いた。そこで2名の口から、これまで知られていなかった新たな情報が明らかになって、騒然としてる。

個人的な話だけど、この土日とも自分主催の占星術講座にぶち当たっていたので、リアルタイムで会見の話についていけてない。いま後追いでいろいろ見ているのだが、けっきょくのところ吉本興業の圧が思った以上に闇深いという印象は否めない。

吉本興業からの圧力?

当初この問題が大きくなるにつれ、当人たちが嘘をついていたことを反省し記者会見を開きたいと要望しても、吉本興業からは「静観しよう」「いまさらひっくり返せない」と拒否され、その後再三会見を申し出るも、拒否が続いたという。

さらに岡本昭彦社長に直談判をすると、人払いをした上で「お前らテープ回してないやろな」「記者会見やってもいいけど、そんなら全員連帯責任でクビにするからな。それでもええんなら記者会見やれ」「俺にはお前ら全員クビにする力があるんや」など、なかなかエグいお言葉が発せられていたという。

また「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」などと言われ、不信に思ったと。その他、吉本興業の保身第一のような対応がずらずらと告発され、なかなか衝撃的だ。

もちろんこれらはあくまで二人の言い分なので、鵜呑みには出来ない。これに対する吉本興業サイドの主張はどうなのか。明日7月22日に吉本興業の岡本社長が記者会見を開くようなので、注目したい。

吉本興業・大崎洋会長のホロスコープ

大崎洋氏

ちなみに吉本興業の大崎洋会長は1953年生まれで、この1952-53年あたりに生まれた世代は、天秤座に特徴ある天体配置を持っている。

その意味でこの世代はわりと目立つ人が多いのも事実で、ロシアのプーチン大統領、中国の習近平主席、韓国の文在寅大統領、朴槿恵元大統領あたりはこの世代になる。つまり実績もあるが、ちょっと一癖ありそうなイメージがあるかもしれない。(もちろんこの世代すべてというわけではないが)。

ただしこの世代は今、山羊座にいるトランジットの冥王星と90度になっているので、なにかとお騒がせになりそうな気配。それがこのたびの騒動になっているのでは。

岡本昭彦社長のホロスコープ

そして今回の記者会見でたびたび名前が出ていた岡本社長は、1966年生まれ。

この世代も、実は天体配置に特徴あるという意味では激レアで、むしろそのレアさではこちらの方がより上回っているといえる。

会見ではたびたびその圧力が話題になっているが、ただ岡本社長のホロスコープは今後荒れるので、今回の騒動はその現れかのようだ。

というかこの人は今回の件で大丈夫なのかな?

ちなみに岡本社長のホロスコープは会員限定で以下に貼っておく。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について