爆笑問題の太田光氏が生放送中に転倒し入院――意外と脳ダメージが心配なホロスコープ

生放送中に頭を強打し入院

お笑いコンビ爆笑問題の太田光氏が、2019年3月30日にフジTVで生放送された『ENGEIグランドスラムLIVE』のエンディングでクリームに滑って転倒し、頭部を打って緊急入院したという。

そのため翌日のTBSテレビ『サンデー・ジャポン』・TBSラジオ『爆笑問題の日曜サンデー』の生放送を欠席した。

太田氏は30日の『ENGEIグランドスラムLIVE』生放送終了後に、意識が朦朧となり記憶が曖昧になったりしたため、病院で検査を受けたとのこと。夫人で所属事務所社長の太田光代社長はツイッターで「幸いCT検査では骨折などの異常は無いとの事ですが大事をとって病院で経過観察をしています。」と報告している。

これ動画見たけど、けっこう激しく側頭部打ってる感じで衝撃的だった。一部では「放送事故レベル」との声もあるが。

太田光氏のホロスコープ

太田光氏

太田氏のホロスコープは180度がたくさんあってバリエーションが豊富で、刺激的で興味深い図だ。言ってみればレクタングルにもう一つプラスされた感じで、実際太田氏はお笑いの他にも、落語・社会問題・政治・文学など興味が多岐にわたることがわかっている。

で、この図からすると太田氏は突然スイッチが入ってしまうようなところがあって、実際番組などでもそうした光景がしばしば見られる。今回もそういう突発的興奮性みたいのが作用したんだろうが、今のタイミングがちょっと心配だ。

意外とヤバイ転倒時のホロスコープ

太田光氏:転倒時

転倒の頃の図だけど、これ、意外とヤバそうにみえるけど。というか今、無茶しないように気をつけなければならなかったのは間違いない。下手するとダメージ深刻になるので。

太田光代氏は「骨折などの異常はない」って報告しているけど、ホロスコープからすると骨より脳機能が気になるよね。もちろんハウスはわからないけど、明らかにそっちよりな配置になっているので。実際、意識朦朧とか記憶が曖昧って時点で、全くノーダメージとは言いにくいのでは。

その裏付けかどうか、4月1日放送のテレビ朝日系『雑学王』で太田氏が元気に出演していたようだが、この番組は転倒のあった『ENGEIグランドスラムLIVE』の前に収録されていたもよう。

しかしこの番組で太田氏は「ろれつが回ってなかった」という情報もあり、ケガの予兆ではないかという声もある。予兆かどうかはさておき、上に書いたようにここのところの配置は脳に影響ありそうだっただけに心配である。

またフジTVの番組で、っていうのもなんか気になるけど。ちょっと煽っちゃうような相性なので。

太田氏は1965年生まれだけど、この辺りの世代は天体配置がかなり特徴的で、激レアな世代と思ってる。ちびまる子ちゃんのさくらももこ氏がこの世代で、亡くなった時にここでも取り上げたのだけど、個人的にはこの世代のこれから先の行動には注目している。そういえば光代夫人もこの世代だね。

ともかく無事に復活して、転倒のことも笑いに変えてもらいたい。