米俳優キャメロン・ボイスが20才の若さで急死――てんかんの発作?

20才で突然死

米俳優キャメロン・ボイスが、現地7月6日に20才の若さで突然亡くなったことが話題になってる。

知らなかったんだけど、キャメロン・ボイスはディズニー・チャンネル等で活躍していたみたいで、『ジェシー!』『ディセンダント』と言った作品に出演していたもよう。

2008年、9才の時にロックバンドPanic! at the Discoのミュージックビデオでデビューし、その後TVドラマ『General Hospital: Night Shift』などに出演。2011-15年には上記『ジェシー!』でメインの役どころを務め、『ディセンダント』シリーズなどの映画などにも出演し、順調なキャリアを築いてきた。

また今後も『ディセンダント3』など、4作品の出演が決まっていたという矢先、不幸が襲った。

彼は5月28日に20才になったばかりで、気の合う俳優仲間3人でハウスシェア生活をスタートさせたばかりだったようだ。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Cameron Boyceさん(@thecameronboyce)がシェアした投稿

てんかんの発作?

キャメロン・ボイスは7月6日に、睡眠中の発作により死亡したと伝えられている。米エンタメメディアTMZによると、キャメロン・ボイスは以前より「てんかん」に悩まされており、密かに治療中だったとか。その致命的な発作を起こしたと伝えている。

ルームメイトが彼が反応しないことを発見し、救急隊に通報したが、隊員が到着したときにはすでに蘇生不可能で、その場で死亡が確認された。

「てんかん」は、脳の一部の神経が、電気的な乱れを起こすことによって発作などを起こす、慢性の脳疾患の一種だという。てんかんを持つ人の割合は、一般的に100人に1人といわれている。

キャメロン・ボイスのホロスコープ

キャメロン・ボイス

たしかにこれを見ると、生まれつきニューロンとかに異常をきたしやすかったというのはあるのかも。

てんかんに限定されるわけじゃないが、そのような症状を示唆するポイントは一つだけじゃなく、いくつか見受けられるので。まあハウスがわからないけど。

それに加えて、ここのところのトランジット配置で引き金を引いてしまった感じかなと。

R.I.P.