ヘンリー王子・メーガン夫妻がNetflixと巨額契約、英王室・ウィリアム王子との関係に波紋か

ヘンリー王子とメーガン妃がNetflixと巨額契約

ヘンリー王子とメーガン妃が、Netflixと巨額複数年契約を結んだことが発表された。詳細は明かされていないが、契約金は1.5億ドル(約160億円)にのぼると言われている。

ヘンリー王子夫妻は次の声明を発表。「お互いに独立し、そして夫婦として私達の人生は、人間のスピリット、回復力、そしてつながりの重要性を理解する機会を与えてくれました。多様なコミュニティとその環境に即した仕事や、世界中の人々や活動に光を当てることを通し、私達は情報提供だけでなく、希望を与えるコンテンツ作りを目指します。新米の親として、インスピレーションを与える家族向け番組を作ること、そして真実と共感のレンズを通して力強くストーリーを伝えることも大切だと考えています」「Netflixにおいて、(共同CEOの)テッド(・サランドス)とそのチームと仕事ができることを嬉しく思います。行動を促すインパクトのある内容を前例なき規模でシェアすることとなるでしょう」

【出典元】ヘンリー王子とメーガン妃、Netflixと約160億円の契約か。/VOGUE

女優には復帰せず、しかし賞狙い?

ただ、これによってメーガン妃が女優に戻る予定は今のところないようで、自然のドキュメンタリーや女性に関するアニメーションなどの制作を手掛けているという。

しかしデイリーメールによると、友人の話として、かつてメーガン妃の夢はEGOT(エミー賞、グラミー賞、オスカー賞、トニー賞)のグランドスラム達成だったと伝えてる。そのためのスピーチやサインを7才の頃から練習していたとも。まあ事実かは不明だが。

夫妻は、バラク・オバマ前大統領とマイ・・・いやミッシェル夫人がNetflixで制作したドキュメンタリー『アメリカン・ファクトリー』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞を受賞した事で、同じような展開を狙っているのではと勘ぐられているね。

ウィンザー城の改修費の返還を要求される

夫妻はつい最近、カリフォルニア州サンタバーバラに15億円超ともいわれる豪邸を購入しているが、近所にはあのオプラ・ウィンフリー氏も住んでいる高級住宅街だそう。それまではビバリーヒルズの借家に住んでいたが、この家は英王室からの補助無しで購入したと言われてる。

この住居購入や今回のNetflixとの巨額契約によって、イギリスの国会議員らがウィンザー城フロッグモア・コテージの改修にかかった約240万ポンド(約3億4千万円)の公費を返済するよう、ヘンリー王子とメーガン妃に求めているという。

議会の会計委員会は、ヘンリー王子とメーガン妃が王室の義務を遂行しない以上、公費で賄われたこれらの改修費は返済する必要があると主張している。

フロッグモア・コテージは2018年5月にヘンリー王子とメーガン妃が結婚披露を行った場所で、夫妻が移り住む前に大規模な改修工事が行われたという。

しかし2020年1月にメグジット(英王室からの離脱)が行われて以後、フロッグモア・コテージは空き家になったままとのこと。

ダイアナ妃のドキュメンタリーを制作?

もう一つ杞憂されているのが、Netflixがヘンリー王子・メーガン夫妻と契約することによって、ダイアナ妃のドキュメンタリー制作を目論んでいるのではないかということ。もう話し合いが行われている段階とも言われている。

すでにNetflixはダイアナ妃の生涯を描いたミュージカル『Diana:A New Musical』を配信することが決まっている。2020年3月に開演する予定だったが、新型コロナウィルスのパンデミックにより延期になっていたもの。お互いの作品で相乗効果が狙えるという目算かな。

このミュージカルはチャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚生活の破綻を、下世話な台詞で展開しているショーのようで、このたびヘンリー王子と契約したことによって、配信中止が求められているのだという。

いずれにしてもヘンリー王子・メーガン夫妻の協力の下でダイアナ妃のドキュメンタリー作品が実現することによって、懸念されるのがイギリス王室、とりわけ兄のウィリアム王子との関係に決定的な亀裂が入るのではないかと憶測が飛んでいる。

すでに英王室が、この契約について詳細に調査しているとも言われているが。

イギリス人は興味がない?

ただYouGovのアンケート調査によると、ヘンリー王子・メーガン夫妻のNetflixコンテンツに関して「強い興味がある」「かなり興味がある」と答えたイギリス人は現時点で12%ほどで、「あまり興味がない」「全く興味がない」と答えた人は84%に上っている。

個人的にはこのカップルのコンポジットチャートが興味深いと思ってて、なんか二人を取り巻く評価や現状が反映されている気がしてしまうんだけどね。

ダイアナ妃の最後の言葉「My God, what’s happened?」

そういえばついこの間ダイアナ妃の命日だった。1997年8月31日。

ダイアナ妃を乗せたベンツがパリのトンネルでクラッシュした時、直後に駆けつけたフランスの消防隊員が、ダイアナ妃の最後の言葉が「My God, what’s happened?」(神様、何が起こったの?)だったと明かしているね。

この消防隊員Xavier Gourmelon氏は、退職するまでこの言葉を公に明かさなかった。なんでもフランスでは、消防隊員は軍の管轄のため話せなかったのだという。

Gourmelon氏はこのときチームを統率していた隊長で、事故から3分以内に駆けつけている。運転手のアンリ・ポール氏は即死、恋人ドディ・アルファイド氏は心停止状態、ダイアナ妃のボディーガードだったトレヴァー・リース=ジョーンズ氏は意識があったとのこと。

ダイアナ妃も意識があり、上記の言葉を発したようだ。車から引き出したときも目は開いていたという。一時呼吸が止まったが、心臓マッサージにより再び呼吸が戻ったとのこと。外見上は右肩が少し負傷しているだけで、それ以外に深刻な外傷が見られなかったため、生き残るだろうと思っていたのだそう。その後病院で亡くなったことを知った。

ちなみにGourmelon氏はこのとき、ダイアナ妃だとは気付いていなかった。後で知らされたのだという。

【追記】フロッグモア・コテージ改修費用返済を発表

2020年9月7日、ヘンリー王子とメーガン夫妻の広報は、フロッグモア・コテージの改修にかかった公的費用を全て返済すると公式に発表。

また、あらゆる公的資金との関係を絶ち、経済的に自立するという。