『有能民主党知事さん』クオモ知事「ブラウスに手を入れまさぐられた」/MI州ホイットマー知事にも老人ホーム死者数隠蔽疑惑が浮上

ブラウスの下の手を入れ、まさぐられた

昨日書いたニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事の6人目のセクハラ告発者は、やはり補佐官の女性だったそう。

名前や身分は明かされていないが、女性から直接聞いたという人物からの情報として、彼女は昨年末に知事邸の2階の私室に呼ばれ、クオモ知事から携帯電話のことについて質問されたとのこと。

・・・これたしか同じ手口でやられた人いたね。iPhoneについて質問された後にキスされたっていうやつ。やっぱり同じ手を使うのか(笑)。

さておきその時クオモ知事はドアを閉め、ブラウスの下に手を入れ、まさぐってきたと主張しているもよう。これに女性は嫌がり、クオモ知事に止めるように言ったという。

詳しい経緯わからんけど、そもそもまさぐりが受け入れられると思ったのか?・・・相当年の差開いてるみたいだけど。

ミシガン州でも介護老人ホーム死者数隠蔽か?

こうして連日取り上げているここ一連のクオモ知事のスキャンダルだが、もともとは介護老人ホームのコロナ死者数の過少報告(隠蔽)から始まったと言っていい。

そればかりでなく、知事サイドが州保健局に圧力をかけて、死者数を隠蔽させていた疑いも浮上している。

しかしセクハラに関しては取り上げるものの、死者数隠蔽疑惑に関して同じ民主党議員は一様に口をつぐんでいるように思えるが、どうしたものか。(そっちの方がヤバいからでは?)

これに関して、ミシガン州のグレッチェン・ホイットマー知事(民主党)にもクオモ知事のような介護老人ホームの死者数隠蔽の疑惑が浮上し、刑事告発の可能性が出てきていると報じられている。

データ開示を拒否

ホイットマー知事は介護老人ホームでのコロナ死者数について開示を拒否しているという。ミシガン州全体では現時点で17,000人近くの死者が報告されているとのことだが、このうち介護老人ホームでの死者数について開示されていないもよう。

さらに、知事自身の刑事責任が問われる可能性があるためか、介護老人ホームの死者数データを公開しないよう裁判を起こすなど、隠蔽を図っていると報じられている。

これはマコーム郡検察官のピーター・ルシード氏がコロナ死亡者に関する調査をするため、今年1月下旬に情報公開法に基づいてミシガン州の死亡者数データを要求したところ、1時間後に当局からプライバシー法を理由に開示を拒否されたという。

これに対してジャーナリストのチャールズ・ルダフ氏が、ミシガン州保健福祉省(MDHHS)にデータの開示を求めて訴訟を起こしたとのこと。

NY州クオモ知事と類似

ホイットマー知事は新型コロナウィルスが猛威をふるい始めたとき、「ハブ」と呼ばれる介護老人ホームの地域ネットワークを開設し、パンデミック対策にあたったようだ。

またウィルスに感染した可能性がある人を、介護老人ホームに入所することを許可したという。これはニューヨーク州も同じことをやっており、クオモ知事との政策上の類似点が指摘されているが、もしかしたらこれがクラスターなどの原因になっているのかもしれない。

そしてこれらの政策に対する結果のデータが開示されないため、成否が確認できないうえ、意図的なデータの隠蔽が指摘されているようだ。

口止め疑惑?

さらにホイットマー知事には「口止め料」疑惑も出ている。

パンデミック中にホイットマー知事と対立し、辞任を表明した失業保険庁の元局長スティーブ・グレイ氏には85,000ドルの退職金、保健社会福祉省の元局長ロバート・ゴードン氏には155,000ドルの退職金が支払われるという。
これによりゴードン氏は機密保持契約に署名したと報じられてる。

こうした事も、ホイットマー知事の疑惑を深める一因になっているもよう。

このルシード氏の告発に対して、ホイットマー知事は声明で「ルシード氏の指摘は、ファクトにも現実にも基づいていない恥ずべき政治的攻撃です。」と述べている。

最後に

まホイットマー知事は1971年生まれだし。ホロスコープもモロにそんな感じ出てるし。

にしても米民主党は有能知事がいろいろ出てくるね。

共和党の方は、テキサス州アボット知事とかフロリダ州デサンティス知事とか、州のために民主党梅田政権やビッグテックと戦ってるイメージだけど。

『今日のクオモさん』NY州クオモ知事、6人目のセクハラ告発者が現れてしまう――主任弁護士は辞任

2021年3月10日

『米民主党ヤバ知事ツートップ』NY州クオモ知事は弾劾手続きへ、CA州ニューサム知事はリコールへ――そのワケとは?

2021年3月9日

『大炎上』ニューヨーク州アンドリュー・クオモ知事、老人ホームでのコロナ死者数隠蔽で窮地

2021年2月14日