自宅待機中に容体悪化で死亡報道に責任逃れか――「4日間様子見」はエビデンスなしだった?

自宅待機中に死亡

昨日も書いたけど、4月19日に太陽が牡牛座に入ってから明らかにコロナ騒ぎもフェーズが変わったと思ってて、しかも23日は新月だった。

そんな中で22日、新型コロナウィルスに感染し軽症と診断されていた埼玉県の50代男性が、自宅待機中に死亡していたことが明らかになった。男性は21日に死亡したようだ。

また同じく埼玉県の70代男性も、自宅待機中に容体が悪化し死亡している。この男性も当初、軽症と診断されていた。

いずれも病院の受け入れ先がない中での悲劇か。今後もこうしたケースは出てくるかもしれない。

4日間様子見は医学的根拠なし?

このような自宅待機中の死亡が報じられた中、新型コロナウイルス感染症対策専門家会議のメンバー、釜萢敏(かまやちさとし)氏が、突然の手のひら返し的な発言をしたことが物議を呼んでいるもよう。

釜萢氏は4月22日に行われた専門家会議で、4日間様子を見るというガイドラインを覆す発言。

「4日間様子を見てくださいというようなメッセージというふうに取られたんですが、(中略)少しいつもと違う症状が続いた場合には、少なくとも4日も続くというのであれば、普段はあまり受診をされなくても、今回に関してはぜひ相談をしていただきたい、(中略)そういうことでありました。」
との発言。

この「37.5度以上4日間」というガイドラインは、2月17日付の厚労省の通知によるものらしい。

で結局このガイドラインは、PCR検査のキャパの問題だったと認めている。

ただの人
律儀に守って重症化した方が浮かばれません。
ただの人2
責任逃れはもはやトレンドですね。

新型コロナはただ肺炎ではない

またフェーズが変わったことについてもう一つ、新しい医学的な説が出てきている。

世界五大医学雑誌の一つ「The Lancet」が、新型コロナウィルスは呼吸器系に感染するものではなく、全身の血管に感染するものだという説を発表している。

スイスのチューリッヒ大学のズザナ・ヴァルガ氏らの研究者が、新型コロナウィルスで死亡した人の検死解剖を行った結果、複数の臓器に甚大な損傷が生じているケースが多く見られたという。

その結果、コロナウイルスは肺だけでなく、全身の血管に感染する能力をもっていることがわかりました。死んだ患者の血管内皮に、ウイルス粒子がビッシリとこびりついていたのです。

そのため死者の臓器では末梢の血管が崩壊しており、血液の流出を引き起こし、臓器の壊死を引き起こしていました。

また追加の分析で、高齢者や糖尿病や高血圧、心疾患などにより、既に身体中の血管にダメージを受けている患者ほど、ウイルスによる血管への感染に脆弱であることがわかりました。

【出典元】高齢者の重症化原因? 新型コロナは全身の血管に感染することが判明/ナゾロジー

つまり新型コロナウィルスはただの肺炎ではなく、全身性血管炎症だということが明らかになったというもの。

ただの人
いや新しい説の方が恐いんですけど。
ただの人2
青魚食べなきゃ。
ただの人
いまさら遅いでしょ。