「相模原障害者施設殺傷事件」から丸3年、植松聖被告を考察してみる

19名死亡・26名負傷

2016年7月26日に起きた「相模原障害者施設殺傷事件」から丸3年が経過した。

この事件は、神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で、元職員の植松聖被告(当時26才)が刃物を持って侵入、19名を死亡させ、26名に負傷を負わせた凄惨な事件である。

事件後、植松被告は津久井警察署に出頭し「私がやりました」と自首し、逮捕された。

犯行前には友人らにLINEで犯行予告をしており、さらに犯行後はツイッターで「世界が平和になりますように。beautiful Japan!!!!!!」とツイートしていた。

まあ異常な事件と言えるが、そもそも「あの2016年」(いつも書いてるが)に起こっているので。

重度の障害者は生きていても仕方がない

植松被告は、津久井やまゆり園に勤務している頃に「重度の障害者は生きていても仕方がない。安楽死させるべきだ」などと発言し問題になっていたという。その事が原因で緊急措置入院になり、同施設を退職している。

その後大麻の陽性反応が出たりして、精神疾患と診断されていたようだ。

しかし一方で、これほどの事件を起こした植松被告に対して英雄視する声もあり、障害者を取り巻く環境に一石を投じた事件でもあった。

実際に障害者施設で働いた経験のある人達などから、犯行はよくないとしながらも、その考えに理解を示す意見などが出ていた。こうした施設の、あまりに過酷な職場環境などが暴露されたりして、一部で論議を醸していた。

植松被告のパーソナリティ

小・中学校時代は問題もなかったようだが、高校に入学した頃から異常な面が見られるようになったという。高校に入学してすぐに同級生に暴力をはたらき、転校を余儀なくされている。

ちなみに、この高校入学頃の植松被告のホロスコープは非常に荒れており、こうした突然変異も納得なのだが。

というか、そもそも1990年生まれなので、これもいつも書いている事だが、1988~90年生まれ世代の特殊な天体配置が、思いっきりネガティブな形で出てしまった典型だろう。もちろんこの特徴を活かすのも生き方次第だが。

大学以後さらに荒れる

大学入学以降、植松被告はさらに荒れたようだ。この頃に冥王星が山羊座に入ってしまったので、徐々に彼の暴走性が浮き彫りになっていく。

髪を染めたりタトゥー(というか和彫り)を入れたりして、強い人間への憧れを持っていたという。

植松被告の父親は小学校の図工教師、母親は漫画家だったらしい。実は彼のホロスコープを見て、母親はどうだったんだろうと気になっていたのだが、一説によるとホラー漫画家だったらしく、けっこうグロな作品を書いていたとの話もある。それが事実なら、だからこんなホロスコープなのか。

いずれにしても素行が荒れてきた植松被告に対し、両親は彼一人を実家に残して引っ越ししてしまった。

大学卒業後、2012年にやまゆり園に採用される。以後、事件直前までこの施設に勤務した。

植松聖被告のホロスコープ

植松聖被告

上にも書いたように、1990年というある意味で特殊な天体配置の時代に生まれているので、どこかではみ出すとそれは常識を超えるものになってしまう。

さらに2011年からカーディナルスクエアが始まって、ことさらその影響を受けた結果生まれたモンスターみたいな感じで、過剰な山羊座が生んだ産物かなという。

裏と表の不条理

植松被告は事件前、衆議院議長や安倍首相宛てに書簡を渡そうとしているが、その内容は「重複障害者の方が家族の同意を得て安楽死できる制度」を求めていたという。

一見、いかにも暴論であり過激な内容だが、別の視点で見れば、自らが障害者施設に勤務して現場の実態を知っていたからこそ、ルールを変えるべきだという考えに至ったのかもしれない。それは上の方で書いたように、彼が一部で英雄視されたようなことも、その論拠になるのでは。

彼の生まれは、裏と表の差異に触れやすいものを持っており、実際に表に見えている建て前の部分と、その裏にある実態との差異が、どうしても目についてしまうのだと思う。

よく「世渡りが上手い」と言われる人は、裏の実態には目をつぶり、建て前で生きることで自分を守ることが出来る。それはいま話題になっている吉本興業と芸人の問題でもクローズアップされているように、実態と体制側の理屈という裏と表みたいなもので、いかにも世の中にありがちなことだ。

その意味で植松被告は、裏と表の不条理みたいなものに過剰に反応してしまったのではないか。

だからといって、彼がやらかしたことの擁護するつもりはないけど。