草刈正雄氏の娘、紅蘭がRYKEYとの事実婚を解消――以前からDVが酷かったと告白

事実婚を解消

タレントの紅蘭(くらん)が、ラッパーのRYKEY(下田ムトアリッキー)との事実婚を解消したという。

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

色々とバタバタでなかなか更新できなくてすいません! 私と娘とカーターくん3人での生活が始まったよ! 2人がいて毎日変わらず賑やかな日々を過ごしてます! 記事が出た後は数回、面会に行き 彼ともしっかりとお話しすることができて スッキリしました お互い別々な道を歩むことになりましたが 前向きな話し合いができました 会社に関してもマネージャーやスタッフはお別れすることになりました また1からのスタートになりますが 今後ともブロスキーを宜しくお願いします ニュースになってからは別れに対して 子供に対することなど 彼といたことなど 色々批判ありますが 私はこの決断は間違いだと思わないし 彼を1度は信じて待っていたから 娘に出会うことができた 後悔なんてあるわけないです どんなことがあっても 娘とカーターは私が最高に幸せにする その自信が私にはあります 母親は強いです 2人の幸せの為、私は毎日頑張れる それってとっても幸せなこと ブロスキースタッフの準備が整ったら買い付けに行くから待っててねー Rap teeも来月到着するのでお待ちください これからも紅蘭を株)broskyを宜しくお願いします! #紅蘭

紅蘭さん(@kurankusakari)がシェアした投稿 –

RYKEYは知人に暴行を加えて怪我をさせたとして、7月4日に逮捕されている。また3年前にも紅蘭へのDVで逮捕されており、その時に覚醒剤の使用も発覚していたようだ。

以前からDVも

紅蘭は週刊新潮で、以前から離婚を考えていたことを告白していた。それによると、これまでもDVに脅えてきたという。

「私に包丁を突きつけてきたり、携帯も壊され3回くらいバキバキに割れたこともあった。直接的な暴力より家の中の物を壊したり、凄い剣幕で罵詈雑言を浴びせてくる。言葉の暴力が酷かったんです」

【参照】草刈正雄の娘「紅蘭」がDV被害で、事実婚の夫「RYKEY」と“離婚”へ/デイリー新潮

二人は4年ほどの付き合いだといい、2018年12月に第一子も誕生しているが、入籍はしていなかった。その理由として、2015年に亡くなった弟・草刈雄士氏の件があり、結婚によって草刈姓を継ぐものがいなくなってしまうことに抵抗感があったようだ。

紅蘭のホロスコープ

今回は紅蘭の一方的な告白なので、相手のRYKEYのホロスコープも見たのだけど、彼はここのところ暴走機関車のような状態だった。だったらこうなるのも仕方がないか。

ただ、相手が2度も逮捕されている要注意人物というのはあるにせよ、紅蘭の方にも問題はなかったのかな?なんかこれ見てちょっと思ってしまったが。

紅蘭

それと、やはり男性関係で犠牲の暗示があるので、気をつけたかった。

いずれにしても、気持ちを入れ替えて新たな人生を歩いてほしいものだ。