『セクハラ』NY州のクオモ知事、二人目のセクハラ告発――今度は20代の元顧問しかも娘の友人

二人目のセクハラ告発

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事が、また元補佐官の女性からセクハラ告発を受けた。先日取り上げたリンジー・ボイラン氏に続いてこれで二人目。

今回告発に踏み切ったのは、クオモ政権の元上級補佐官兼健康政策顧問のシャーロット・ベネット氏で、現在25才とのこと。(ちなみにクオモ知事は63才)

ベネット氏は2019年に知事室に雇用されたという。ボイラン氏のような具体的な肉体的セクシャルハラスメントはなかったものの、何度も不快な思いをさせられたと語っているもよう。

彼女は2020年11月に辞めている。

自分の娘の友人だった

ベネット氏は、クオモ知事が住んでいた場所の近くで育ち、自分と同年代である知事の娘と中学時代にサッカーをした事などをクオモ氏に話していたという。

当初はクオモ知事のことを上司だと思っていたというベネット氏は、あるとき知事のオフィスで二人きりになった時の出来事が、彼女を不安にさせたとのこと。

その時クオモ知事はベネット氏の個人的な生活や、恋愛において年齢差は関係あるかなど質問してきたり、自分は20代の女性は歓迎だなどと言ってきたという。

その後も「最後にハグをした相手は誰か」などの質問をしてきたため、彼女は、知事が自分と寝たいと思っていることを理解し、恐ろしく不快で怖かったと語っている。

そして、どうやってこの状況から抜け出そうか悩み、仕事の終わりだ、と思ったという。

クオモ知事は否定

それがあった後、ベネット氏はすぐにクオモ知事のチーフスタッフのデロシエ氏に報告したとのこと。また特別検察官のガーヴィー氏にも相談し、別の部署に移ったという。

この時の相談のメッセージやり取りのは全て保存されているという。

その後ベネット氏は退職し、現在は法律事務所に勤務しているとのこと。

これに対してクオモ知事は否定している。

「私はベネット氏の指導者になろうとしていた。彼女に近づこうとしたことも、不適切な行動をしようとしたこともなかった。」

またこの件の調査は元連邦判事のバーバラ・ジョーンズ氏が行うといい、

「判断を下す前に、事実を知るため調査の結果を待つよう、全てのニューヨーク民にお願いしたい。調査が終わるまでは、これ以上コメントしない。」

最後に

やっぱり予想通りかなと。

クオモ氏はここで前から書いてる通りになっていってる。
まそういうホロスコープ状態なので。

・・・っていうか娘の知り合いかよ。

『今日のクオモさん』さらに30名が何らかの嫌がらせを受けた――早くもクオモ政権スタッフは逃げる準備か?

2021年3月15日

『今日のクオモさん』NY州クオモ知事、6人目のセクハラ告発者が現れてしまう――主任弁護士は辞任

2021年3月10日

『今日のクオモさん』また出た!クオモ知事元補佐官からのセクハラ告発、これで4人目・5人目

2021年3月7日

『今日のクオモさん爆弾情報』側近が続々と辞任、州保健局高官たちも離職、キスは部下の妻友、彼女探してくれと頼んでた・・・などなど盛りだくさん!

2021年3月6日

『隠蔽・恫喝・セクハラ』ニューヨーク州クオモ知事、一連の疑惑に「辞任はしない」

2021年3月4日

『告発の嵐』クオモ知事が蜂の巣――TV局を辞めた記者、突然キスされた女性、そしてソーセージ(ホロスコープ考察追加)

2021年3月2日

『セクハラ疑惑』クオモ知事が声明「悪意ない誤解です、調査させます」州司法長官「いやアタシがやる」

2021年3月1日

『セクハラ』ニューヨーク州クオモ知事、元補佐官からセクハラ告発「唇にキスされた」

2021年2月25日

『君は破滅するだろう』NY州クオモ知事、キム議員を電話で恐喝した事を告発されてしまう

2021年2月18日

『大炎上』ニューヨーク州アンドリュー・クオモ知事、老人ホームでのコロナ死者数隠蔽で窮地

2021年2月14日