世界的ギタリストのエリック・クラプトン、ワクチソ後に激しい副作用「二度と演奏できないと思った」

接種後すぐに激しい反応が出た

誰もが知る世界的なギタリストのエリック・クラプトン氏が、A社の枠珍を接種後にすぐに激しい反応が出たと述べています。

クラプトン氏は映画プロデューサーのロビン・モノッティ・グラツィアデイ氏に宛てたメッセージの中で、激しい副作用に見舞われたと書いているようです。

グラツィアデイ氏はテレグラムで、このメッセージを共有したとのことです。

二度とプレーできないのではないかと心配した

クラプトン氏はメッセージの中で、76才になり自分が肺気腫であることや、このところ権威に反抗的になっていることなどを伝えています。

当初は枠珍の知識がほとんどないまま、一回目を受けた後に副作用になり、すぐに激しい反応が出て、それが10日間続いたと書いています。

そして「約6週間後に2回目を受けたが、またしても反応は最悪で、手足が凍り付き、痺れ、火傷などでその後2週間使い物にならず、二度とプレーできないのではないかと心配した」と述べ、

「プロパガンダでは、この枠珍は安全だと言われていた」

と言っています。

自分は権威への反逆者だ

最終的には回復したようですが、もしクラプトン氏が本当に二度と演奏できなくなったら、取り返しのつかない音楽界の損失になったでしょう。

クラプトン氏は、ロックダウンによるミュージックシーンの規制について異論を持っており、ヴァン・モリソン氏らとコラボしているようです。

昨年レコーディングされた『Stand And Deliver』という反ロックダウンの曲の中で、権威に批判的な姿勢を示しましたが、すぐに軽蔑の目を向けられたと書いています。

グラツィアデイ氏へのメッセージの最後で、クラプトン氏は「自分はずっと反逆者であり続けた」といい、現在のような傲慢な権力には反対しているとしながらも、仲間・思いやり・愛があれば勝てる、と締めくくっています。

最後に

たしかにクラプトン氏のホロスコープは、副作用が出そうな感じですかね。

もちろん枠珍に対する反応は個人差があると思いますが、心配な人はホロスコープも一応参考にできるかと思いました。(もちろん読む能力は必要ですが)

ではこの辺で失礼します。

『ワクチン』MA州議員、ワクチン2回接種後に陽性/バイデン政権、ワクチンを囚人に優先するもペンタゴンがストップ

2021年1月31日