西野カナ、突然の無期限活動休止に物議――この人も1988~90年生まれか、な話

1月8日に、歌手の西野カナが活動休止を発表した。2月1~3日に行われるライブを最後に無期限休止するという。それに伴って公式ファンクラブ「西野家」も新規受付を停止、2020年3月31日をもってサービスを休止する。

曖昧な活動休止の理由

彼女の公式やSNSとか見てみると、活動休止はなにか唐突な感じがしないでもない。それまで普通にプロモーションしてて、紅白歌合戦にも出て、新年の挨拶して、いきなり1月8日に活動休止っていうので。ファンクラブも急に対処した感じがするのは気のせいか。

本人のコメントでは「旅行が好きなので、行きたい場所もまだまだありますし、やってみたいこともたくさんあります。」と書いているが、なにか取ってつけた感が拭えなくて。

もちろんネット界隈ではいろいろ憶測がめぐってて、数年前に熱愛が報じられたマネージャーとの結婚だとか妊娠説が出たのだけど、それに関してはすぐに所属先のソニーが否定した。他にも、年末の歌番組での歌唱力に疑問の声が上がるなど「歌唱力の低下」が原因という説もあるが。

西野カナのホロスコープ

西野カナ:ホロスコープ

西野カナ:ホロスコープ

そんなわけで西野カナのホロスコープを見てみたら、前からここで取り上げている1988~90年生まれ世代だったので、なるほどそういうことかと。

何度も書いているけどこの世代は、いまサターンリターンを迎えてて、しかも生まれの土星が非常に特徴ある世代なので、極端な事が現れやすい。

また彼女はハマルとかメンカルとかアンカーとかゾスマとかアルゴルとかアキュメンとか、わりとキツ目な恒星とのパランが多い。あんまり表面的にそういうイメージないけど。

複雑な生い立ちというウワサ

まあそういう表面に見えない部分と共に、個人的にはこの図の月が気になっていたので、生い立ちとかググってみた。

すると彼女はちょっと謎が多いみたいで、中でも婚外子だったという情報がたくさん出てくる。だから『会いたくて 会いたくて』の歌詞は彼氏じゃなくて父親に向けているという説もある。

とはいえ留学経験もあるというし、さらに有数なお嬢様学校出身だそうで、影で父親の手厚いサポートがあったという情報も見られる。父親は有力者という説があり、彼女のデビューの際に大金をポンと出したとかの話は都市伝説になっているみたいだ。そう言われてみれば、この図の父イメージは悪くない。

もちろん噂レベルなので本当かどうかはわからない。

ただ、そうだとしてもこの月は気になるよね。生れ時間がわからないけど。

人間の魂に帰還

彼女はいま太陽の年齢で、ハウスがわからないけどこの太陽は魚座の最後の方にあるので、俗的な人間社会から離れようとすると思う。だとすると、彼女がインタビューで「30代の10年をかけて、南米のすべてを回りたい。チリやアルゼンチンに興味があって、氷河も見に行きたい」と語ったのも理解できる。

つまり、パリだのニューヨークだのロンドンだのっていうメジャーな都市じゃなく、むしろそうした俗世間的な場所は避けたいような意志が感じられる。

それと彼女の事務所やレコード会社のホロスコープも見たが、相性的にストレスがあったんじゃないかな?

ま全然憶測なんだけど。