『エプスタイン事件』マックスウェル裁判3日目:告発女性「トランプを紹介された」「アンドルー王子と飛行機に乗った」

Ghislaine Maxwell, CC BY-SA 4.0, via Wikimedia Commons

マックスウェル裁判3日目

性犯罪者ジェフリー・エプスタインと共謀したとされるギレーヌ・マックスウェル氏の裁判は3日目に入りました。

この日は前日に引き続き、エプスタインからの性的虐待を告発しているジェーン氏(仮名)が証言しています。

マックスウェル氏側のローラ・メニンガー弁護士が反対尋問を行い、執拗な追求でジェーン氏に揺さぶりをかけたようです。以前ジェーン氏がFBIに供述した内容と、裁判2日目に証言した内容の食い違いについてツッコみました。

これはジェーン氏の記憶の曖昧さを引き出して、主張を弱体化させる弁護士の作戦のようです。

弁護士が矛盾を指摘

それまで、恐怖と恥ずかしさでエプスタインとの事を話すことはなかったというジェーン氏は、2019年後半から2020年初旬にかけてFBIや検察官と初めて会い、エプスタインとの関係を供述しています。

そのときは、ニューメキシコにあるエプスタインの牧場に訪れた際にはエプスタインから性的虐待はなかった、と供述していたようです。しかしこれは2日目の証言とは矛盾していました。

またエプスタインから性的虐待を受けたとき、マックスウェル氏がその場にいた記憶はない、マックスウェル氏が身体に触れたかどうかもわからない、とも供述していたとのこと。これも2日目とは矛盾していました。

ジェーン氏はその供述を「覚えていない」と答えました。

弁護士の執拗な尋問に、アリソン・モー検察官は30回以上も異議を唱えたといいます。

「トランプを紹介された」「アンドルー王子と飛行機に乗った」

メニンガー弁護士は、エプスタインからドナルド・トランプを紹介されたのか?と質問し、ジェーン氏はそうですと答えました。

ジェーン氏は14才の時にトランプ氏の邸宅がある「マー・アー・ラゴ」に連れていかれたといいました。(大統領になる20年以上前の1994年)

またエプスタインの飛行機にアンドルー王子と同乗したかについて「はい」と答えました。

ジェーン氏は多くの人物とエプスタインの飛行機に乗ったことを覚えているといい、その中の一人がアンドルー王子だったようです。

しかしジェーン氏は、エプスタインの知人と性行為をするよう指示されたことはなく、他の少女を勧誘するよう頼まれたこともないと述べました。

ジェーン氏「全てに区切りを付けたい」

ジェーン氏は今までずっと逃げてきたと言い、最終的に全てに区切りを付けたいと言いました。

またエプスタインの被害者基金から500万ドルを受け取ったことについては、「最初からこのお金を受け取らなければ良かったと思う」と述べました。

「賠償金は人生を進めるために得られる唯一のものです。望むべくは、これが究極の終わりになって、自分の人生を進んでいくことです」

エプスタインはゴッドファーザーだった

次にジェーン氏の元交際相手だというマット氏(仮名)が証言しました。マット氏は2006~2014年までジェーン氏と交際していたといい、職業は俳優とのこと。

マット氏は、ジェーン氏本人からエプスタインのことを打ち明けられた数少ない中の一人だったといいます。そのことを打ち明けられたのは、エプスタインが最初に懲役刑を科せられた後だったとのことです。

マット氏によると、ジェーン氏が「エプスタインはゴッドファーザーだった」と言っていたといい、「性行為は無料ではなかった」と聞いたといいます。

また父親の死や、経済的な困窮、母親への非難の言葉などを聞いたといいます。「ママ、私がどうやってお金を手に入れたと思ってる?」と言っていたことなどを覚えていると言いました。

マット氏の証言はわずか数分で終了したようです。

芸術アカデミーに多額の寄付

この日最後に呼ばれた証人は、ジェーン氏が初めてマックスウェル氏とエプスタインに会ったというミシガン州の芸術キャンプを運営している芸術アカデミー「インターロッヘン」の副社長補佐ダニエル・ベッセルセン氏でした。

ベッセルセン氏は、エプスタインがこのアカデミーに多額の寄付をしていた事を認めました。またエプスタインは「ジェフリー・エプスタイン・スカラシップ・ロッジ」の建設を要求していたと言います。

検察はその建物の写真を証拠として提示しました。

一部では裁判は1月まで続くことが予想されています。

ではこの辺で失礼します。

『エプスタイン事件』マックスウェル裁判2日目:パイロットと告発女性の一人が証言した内容とは?

2021年12月1日

『エプスタイン事件』世紀のギレーヌ・マックスウェル裁判がスタート、問われた6つの罪と2つの偽証罪

2021年11月30日