レイプ疑惑のクリスティアーノ・ロナウド選手――相手が悪かったかも

image

告発に対しては「フェイクニュースだ」と返すのが最近のトレンドですね、な今日このごろです。
さてサッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド氏が女性からレイプ疑惑を告訴された件。この女性は過去にCロナウド氏からレイプされたが、一度は口止め料をもらって和解をしていたのだという。今回それを破って告発に踏み切った格好だ。

生々しい告訴状

この女性=キャサリン・マヨルガ氏は、2009年6月にラスベガスのホテルでCロナウド選手に会い、彼の部屋に招かれ、そこでレイプされたと主張している。以下記事にリンクされている32枚に及ぶ訴状(英語)には、当時の生々しい状況が記されている。

女性は友人と行った2009年6月にラスベガスのホテルのクラブでロナウドに遭遇し、彼の滞在するペントハウスで夜景を楽しもうとグループで招かれた。ロナウドからペントハウスのバルコニーにあるジャグジーに入ろうと誘われたが、女性は水着や着替えを持っていないと伝えた。ロナウドがショートパンツとTシャツの提供を申し出たので、女性が受け入れたところ、バスルームで着替えるように言われた。女性が着替えていると下半身を露出させたロナウドがバスルームに入ってきて、オーラスセックスを強要。これを拒否した女性は帰りたいと伝えたが、ロナウドによってベッドルームに連れ込まれた。ベッドに押し倒された女性は「ノー」と叫び続けたが、ロナウドからアナルセックスによる暴行を受けた。
【出典元】クリスティアーノ・ロナウド、ラスベガス警察が捜査を再開。生々しすぎる2009年の性的暴行告訴状/ELLE

この疑惑は、2017年にもドイツ誌「Der Spiegel」によって報道されており、Cロナウド側は和解と口止め料として37万5000ドル(約4300万円)を支払ったと報じられたが、Cロナウド氏はこれを否定しメディアを提訴する構えを見せていた。

今回、マヨルガ氏が秘密保持を破って告訴に打って出たのは「#MeToo運動」に触発されてのことだという。この訴訟で和解の破棄と20万ドルの賠償金を求めているとか。そしてこの告訴に対し、地元ラスベガス警察は捜査を再開したようだ。

キャサリン・マヨルガ氏のホロスコープ

告訴したキャサリン・マヨルガ氏はラスベガス生まれのアメリカ人で、元モデルだが現在は教師だという。2008年に一度結婚しているが、1年ほどで離婚したようだ。

海外のサイトにあったマヨルガ氏の生年月日を元にホロスコープを見てみた。

キャサリン・マヨルガ氏:出生ホロスコープ

キャサリン・マヨルガ氏:出生ホロスコープ

個人的な印象だけど、パッと見たところ、こういうホロスコープの女性には「お遊び目的のちょっかい」は避けたいところだ。男性諸氏は肝に命ずべし笑。それとは別に、訴状に記載された「生々しい状況」というのが、このホロスコープからはハッキリとうかがえるので記したい。

というのも、彼女の水星は牡牛座なので、実体験が大事な要素だと思うからだ。しかもこの水星は蠍座の火星・土星に180度なので、けっこうシビアでリアルだと思う。そういう性質が「生々しい」訴状に表現された事は、ホロスコープ的には矛盾がない。なんつったって「ア◯ルセッ◯ス」だからね。普通女性がそこまで言う?――だからちょっかいは避けるべきなんだけど笑

ただ「火星=男性」と見た時、男性から嫌な圧迫を受ける、という風にも読める。これはいつしか彼女の“男性に対するイメージ”になっていくため、「オトコにはいつもイヤな思いをさせられるのよ」という固定観念に結びつく可能性が十分にある。ホロスコープはいつも単一の答えではないのだ。

彼女が主張しているレイプのあった2009年6月といえば、この火星・土星に対してトランジットの火星が180度に来ていた。つまり男性やらバイオレンスやらの暗示があったわけだ。また太陽・月に対してもトランジットの土星が90度になっていたので、ダブルの意味で「男性に注意」となる。ハウスが分かればもっとよいのだが。

クリスティアーノ・ロナウド氏のホロスコープ

クリスティアーノ・ロナウド氏:出生ホロスコープ

クリスティアーノ・ロナウド氏:出生ホロスコープ

さて、一方のCロナウド選手のホロスコープだが、こちらは男女関係でハメを外してしまう傾向がハッキリと暗示されている。ちなみにこの人はソッコー主義だろう笑。まさにカウンターから一気に攻め込む、という感じだ。

で注目なのは、そのレイプ疑惑が起こったとされる頃のトランジット配置である。当時の配置はCロナウド氏にとって、三重くらいの意味で暴走を暗示するようなものになっており、合意があったのかは知らないけど、まあ確かに疑わしいというのが個人的な印象かな。別にアンチでも批判でもなく、あくまでホロスコープ状況を見てだけど。

そもそも異性問題って有名人とかスターだからって関係ないからね。むしろ生まれ持っての特性があると思うので。無名の一般人だって異性問題は起こるわけだし、スターであっても異性問題が起こらない人はいる。

1985年前後の世代はいま要注意

Cロナウド氏は今年6月にも脱税疑惑で裁判にかけられ、約24億円の罰金を支払っている。そして今回のレイプ疑惑紛糾で、彼的には厳しい時期だろう。それを証明するかのように、現在のトランジット配置はいかにも疑惑噴出なもので、今のタイミングでのスキャンダルな話題続出は占星術の教科書通りだ。

まあCロナにしても吉澤ひとみ氏にしても、1985年生まれで、このあたりの世代は山羊座の初めの方に海王星があるから、ホロスコープの配置によっては今は問題が出そうだけど。

いずれにしても、こういう告発に対して「売名認定」するのは対抗手段としてデフォだけど、告発した方が社会的にメリットあるかっていうと、そうでもなくないかな?(あくまで社会的に見て)。
そりゃAV女優さんとか風俗系はメリットあるかもしれないが。