米俳優モーガン・フリーマンの孫娘殺害犯に懲役20年――それよりモーガン・フリーマンが孫娘と性的関係?

太陽が水瓶座に入ったけど満月で皆既月食、しかも近地点に近いので「スーパー・ブラッド・ウルフムーン」だそうです、なにそのネーミングセンス、な今日このごろです。ただ日本からは見えないけど。
さて、俳優モーガン・フリーマンの孫娘エディナ・ハインズを殺した犯人、ラマー・ダヴェンポート被告にこのほど懲役20年が言い渡されたという。

ただのセレブ家族殺人事件じゃないかも

モーガン・フリーマンといえば言わずとしれたハリウッドの名優だが、その孫娘=エディナ・ハインズは2015年8月16日にニューヨークの自宅の外で、当時交際していたダヴェンポートに刺殺されたという。享年33才。

これ、ただの「ハリウッドセレブの孫殺人、モーガン・フリーマンかわいそう事件」と思ったら、実はそうでもないっぽい。というのも、モーガン・フリーマンはこの孫娘エディナとは性的関係にあった、ともっぱらのウワサだったからだ。

それは下で述べるとして、まずは事件のことだけど、この日エディナは何回もメッタ刺しされ、なおもナイフが胸に刺さった状態で倒れていたという。目撃者によれば、ダヴェンポートは「悪魔よ、出ていけ!悪魔よ、お前たちを追放する!」などとと叫びながら何度も刺していたと語っており、まるでエクソシズムの悪魔祓いの儀式のようだったという。

通報を受けた警察が駆けつけ、エディナは病院に運ばれたが、残念ながら死亡が確認された。ダヴェンポートはその場で拘束されたが、薬物摂取で精神異常をきたしていた可能性が指摘されていた。

孫娘との不適切な関係疑惑

エディナ・ハインズはそれまで女優として活動しており、モーガン・フリーマンは彼女の訃報に際し「世界は彼女の才能を知らずに終わってしまった」などとコメントしている。

生前、エディナをモーガンは公的な場所につれていき、一緒にレッドカーペットを歩いたこともあるという。まそりゃそうだ、普通なら有名俳優の爺ちゃんと女優の孫娘という関係だし。

実際はエディナとモーガンとの関係に血縁はなく、養女が産んだ子=つまり「義理の孫娘」となり、年の差は45才差だという。

エディナがまだ10代の頃に、モーガンが酔った勢いでエディナと性的な関係をもとうとしたがその時は思いとどまり、しかしこれを機に恋愛関係になった、とタブロイド紙に報じられた。

それを裏付けるかのように、エディナ殺人の裁判で弁護士が、モーガンとの関係を彼女が回りに打ち明けていたこと、それによってダヴェンポートとエディナはたびたび口論になっていた、などの証言が出たらしい。またそのことを相談したセラピストの証言もあるという。

また判決が言い渡された際、ダヴェンポートの母親が法廷からつまみ出されたというが、囲んだ記者たちに母親は「モーガン・フリーマンのせいだ!」と訴えていたという。

当時、モーガンとエディナは結婚を考えていたという噂もあって、そのため二番目の妻マーナ・コリー・リーと離婚している。もちろん二人は交際のウワサを否定しているが。

そっちの方もフリーマン?

で、この際ダヴェンポートはどうでもよくて、「45才差」「義理とはいえ孫」「酔った勢い」ってワードの連発に「モーガン・フリーマンまじかよ、そっちの方もフリーマンだったのかよ」ってなっちゃうんだけど。

知人などは崇拝してて「モーガン・フリーマンが出演してるってだけで名作に思えてつい見ちゃう」とか言ってて、まあわからくもないけど。温和で知的な役のイメージだけに。

でホロスコープを見てみたが、たしかにそっちの方はお盛んなんですね、みたいな印象はある。性的エネルギーもそうだし、節度がどの程度あるのかとかも。

モーガン・フリーマン:ホロスコープ

モーガン・フリーマン:ホロスコープ

モーガン・フリーマンのホロスコープ

この図は1ハウスに金星があるので、これが彼の表紙みたいになっちゃって、たぶんその印象が良いように人々に植え付けられるんだと思う。でも実際は毒舌家だよね。水星とか見ると。この水星はキツい恒星とのパランもあるし、あの役のままの印象だとちょっと裏をかかれるかもしれない。

また、よく見るとなんとなく裏の人格を感じるし、やっぱり女性関係は外しちゃう暗示もあるので、役柄の印象だけで「いい人」って決めつける訳にはいかないのかも。

それとファミリー的な女性がターゲットっていうのもあって、実際に家族じゃなくても、常時接している人とか親しいスタッフとかにいっちゃうのはありなのかもしれないが。

あと、12ハウスにポツンとある土星がどうしても気になるよなあ。

相性も普通じゃない?

ちなみにエディナ・ハインズとモーガン・フリーマンの相性も見たけど、やっぱりカオスだと思った。ちょっと普通の関係じゃない匂いがプンプンしたので、どうなんだろうなと。

確かに昨年「#MeToo」運動の時に、モーガン・フリーマンは8名の女性からセクハラ被害を告発されており、他にも目撃者8名の証言もあったようだが。

『最高の人生の見つけ方』よかったんだけどなあ。

ぜひこれからもいい演技見せて欲しい。