元NHK登坂アナが過去のセクハラ問題で新番組を辞退――そもそも女性傾向に問題あるホロスコープ

元NHKの登坂淳一アナウンサーが、決まっていた4月からのフジTVの新報道番組を辞退したことが話題になっている。
NHK時代には、その公家的な外見や雰囲気から“麿(まろ)”の愛称で親しまれていたという登坂アナだが、1月11日付でNHKを退職しホリプロに所属しており、フジの平日夕方の報道番組にレギュラー出演予定だった。しかし週刊文春によってNHK札幌放送局時代のセクハラ疑惑が報じられた事を受け、辞退の形をとったとのこと。

登坂アナはNHK札幌放送局に勤務していた2011年6月に、番組の打ち上げの2次会で立ち寄ったカラオケ店で、新人の女性キャスターに対してセクハラ行為をしたという。このことは後日札幌放送局に報告され、本人も事実関係を認めており、上司から厳重注意処分を受けたようだ。
【出典元】登坂淳一アナのセクハラ疑惑 “NHKの麿”から“フジ夕方ニュースの顔”に抜擢/文春オンライン

次期エースとして期待されたいた?

登坂アナは1997年にNHKに入局、異例の早さで出世したようだ。通常NHKの職員は入局後に地方局に配属され、いくつかの地方局を経た後に東京本局に戻ってくるのだが、それは早くても10年はかかるらしい。登坂アナの場合、6年ほどで東京に戻り、30代前半という年令で「首都圏ニュース」をはじめとする定時ニュースのキャスターになったというから、次期エースとして期待されていたのかもしれない。

しかしそれもつかの間、2010年には札幌放送局に移動になってしまう。一説によれば東京に戻った後、もう一度地方都市の放送局に移動し、再度東京に戻った時がエースになるという話もあるようだ。いずれにしてもその札幌で件のセクハラ事件を起こしたことは躓きの一つかもしれない。

その後登坂アナは東京に戻ることはなく、札幌→大阪→鹿児島と移り、今年に入って退職した。wikipediaによれば、最後の鹿児島放送局ではデスク業務が主だったとのことで、首都圏ニュースのキャスターという実績を持つアナにしては、最後は少々寂しいキャリアだった。
【出典元】wikipedia/登坂淳一

確かに、かつてメインでエースとして期待されたならば、地方でしかもデスク業務というのはプライドとして受け入れがたいというのはあるだろう。そこでフリーになり、民放で出直しというのはまさに渡りに船だったか、あるいは本人が求めたのかはわからないが・・・しかし結果的に甘くはなかった。

登坂アナのホロスコープ――特徴ある1971年世代

登坂淳一アナ:出生ホロスコープ

登坂淳一アナ:出生ホロスコープ

で登坂アナのホロスコープを見ると、いわゆる1971年世代なわけだ。
個人的にこの1971~72年生まれあたりを「藤原紀香世代」とか「オセロ中島知子世代(すでにオセロは解散しているが)」と呼んでいて、ちょっと特徴的な世代と思ってる。

この世代は(人にもよるが)、だいたい2010年前後になにか問題にぶち当たっているのが定番だ。それは天体の配置からそうなるわけだが、例えば藤原紀香氏はその頃に陣内智則氏と離婚、オセロ中島氏に至っては例の洗脳問題の渦中にあった。藤原紀香氏にしても、陰で風水師との関係があったと言われている。

登坂アナの場合も例に漏れず、2011年に札幌でセクハラ問題を起こしたわけで、内容はともあれその方程式に見事ハマっているわけだね。それと登坂アナは社内結婚しているらしいが、その妻に関連するえげつない不倫ネタなどもあり、つまり女性関係に関しては一癖も二癖もあるように見受けられる。

特にセクハラ問題のあった頃はひどい配置になっており、女性問題で紛糾と共に、本人にもダメージがあるというのが見事示されており、まさしくホロスコープ通りだった。しかもこの状態では隠蔽のしようもなかっただろう。

もともと女性関係で問題が生じやすい

登坂アナのホロスコープは、女性傾向に関しては全般的に厳しいものがあると言わざるをえない。これは「麿」と呼ばれた表の顔からは想像できないが、そうした縁というか生まれ持った女性運や傾向のようなものがある。それは本人が意図する・しないにかかわらず、そうした問題が顕在化してしまう配置なのである。

このセクハラ以外にも上述の妻の不倫なども含め、このように女性関係に問題が生じやすいホロスコープなので、これで禊は済んだと思わず、ぜひ今後とも女性には気をつけてもらいたいものである。

まこれをお読みの女性も、この機会にパートナー男性の生まれ持った女性縁・傾向というのに、ちょっと注意して見るのもいいかもしれないけど。そういうのは相性とはまた違うものだから。

にしてもフジTVの迷走っぷりは目も当てられないほどで、まあ要因はいつも言ってる事に加え、今は配置もかなり厳しい。