ついに選手の名が・・・アストロズのアルトゥーベ選手に不審な行動――もうね、疑惑だらけ

リーグ優勝のサヨナラホームランに疑惑

どんどん広がっているメジャーリーグのサイン盗み疑惑だが、今度はアストロズの主力であるホセ・アルトゥーベ選手に疑惑が上がっている。これまではチームの首脳や監督止まりだった追求の目が、ついに選手にも批判が向けられ始めたか。

アルトゥーベ選手は、2019年のニューヨーク・ヤンキースとのリーグチャンピオンシップ第6戦において、4-4の同点で迎えた9回裏土壇場で、ヤンキースのクローザー、アロルディス・チャップマン投手からサヨナラ2ランホームランを打ち、ワールドシリーズ進出を決める劇的なヒーローとなった。

この場面での、アルトゥーベ選手の不思議な行動が話題になっている。ユニフォームの中に相手のサインを知らせるブザーのようなものを隠していたのでは、というもの。
この話題は一時、アメリカのツイッタートレンドで上位に上がっていた。

”アルトゥーベがチャップマンからサヨナラを打ってアストロズをワールドシリーズに導いたことを覚えてるか?彼がチームメイトの祝福でユニフォームを脱がさないよう念を入れた時、そう○○kerはブザーを隠してたぞ。”

疑惑のゼスチャー、なにか白い物体

確かにメジャーリーグの試合でサヨナラを決めた場面、ヒーローになった選手をチームメイトがユニフォームを脱がせる荒っぽい祝福はよく見られる光景だ。

上のスロー動画をよく見ると、アルトゥーベ選手が自分で襟をつかんでユニフォームの胸元を隠して、”脱がすなよ”と制止するゼスチャーのようにも見える。しかし襟の中に一瞬、何か白い物体が見えている。

またアルトゥーベ選手がホームインした後、優勝の歓喜の輪に加わることなく、速攻でベンチ裏に下がったのも、考えてみればおかしいか。

”残りのチームメンバーはグラウンドで祝福しあっている。その輪に入るべきか?・・・いや、すぐにユニフォームを着替えなきゃならん”

さらにこんなのも

”ホセ・アルトゥーベは右肩にブザーを仕込んでいるとして非難されている。”

本人「俺はシャイ」と反論

アルトゥーベ選手本人は、この試合直後のインタビューで、チームメイトがユニフォームを脱がすことを許さなかったことに対して“I don’t know. I’m too shy. Last time they did that, I got in trouble with my wife.”(よくわからないが俺はシャイなんだ。前に彼らにそれをされた時、妻と揉めたんだよ。)と笑いながら答えている。

別の試合では脱いでるが。むしろ脱ぎっぷりがいい。
 ↓ ↓

謎のアカウントが暴露?

この騒ぎの中、先ごろニューヨーク・メッツの監督を解雇されたカルロス・ベルトラン氏の「姪」を名乗る謎の女性アカウントが、アルトゥーベ選手とブレグマン選手がデバイスを身に着けていたことをツイートした。(現在このアカウントは鍵付き)

”口止めされてたけど拒否します。ごめんTio。ホセ・アルトゥーベとブレグマンは、廊下で映像をチェックしている男から信号が送られるデバイスを、右肩の内側に身に着けていました。すべてを明らかにしましょう。雨の日に(それを)保管しているロッカーの写真を持ってます。”

またシンシナティ・レッズのトレバー・バウアー投手が、これにリツイートする形で「私もこれを複数から聞いたよ。信用度はどうか・・・」としている。

アルトゥーベ、ブレグマンとも1990年代前半世代

アルトゥーベ選手もブレグマン選手もアストロズ生え抜きで、共にクリーンナップを任されるような主力中の主力選手。特にアルトゥーベ選手は首位打者3回、盗塁王2回、シーズンMVP1回、ゴールドグラブ1回というメジャーリーグを代表するアスリートだけに、物議を醸している。

ちなみにふたりとも1990年と1994年生まれなので、今なにかと問題になりがちだし、なったらなったでこじれそうだが。

しかもこの世代は野球選手としてもちょうど脂の乗った年齢であり、特にアルトゥーベ選手は2018年に2020年からの5年で1億5000万ドル(約159億円)の契約延長をしている。

まあいずれにしてもあくまで噂だし、その真偽のほどはわからないが、できればこういうことで野球少年の夢を壊さないで欲しいものだ。

特にアルトゥーベ選手は、身長が低くてもメジャーで活躍できるという希望の星だったので。