イランのロウハニ大統領、米トランプ大統領に復讐予告?

ロウハニ大統領が復讐予告

イランのハサン・ロウハニ大統領が、12月30日の閣議で「この数日でトランプ氏の人生が終わる」と語ったと伝えられている。

2020年1月3日にイラン革命防衛隊のカセム・ソレイマニ司令官が、米軍のドローン攻撃を受けて死亡している。

ソレイマニ司令官はイラン国内では人気が高く、国民的英雄と言われていたが、アメリカ側はイラン革命防衛隊を「テロ組織」に指定しており、2020年1月3日にバグダード国際空港の近くを走行していたソレイマニ氏ら一行を無人攻撃機「MQ-9リーパー」で攻撃し、殺害した。

ソレイマニ氏の死亡がイランにとっていかに悲報だったかは、日本のイラン大使館でも告別式が行われたことが表しているのでは。

「トランプの人生は終わって歴史のゴミ箱行き」

ロウハニ大統領はこの演説で「ソレイマニはイラン国民や革命的イスラム教徒にとっての英雄であり、名誉である」と述べ、「歴史の中に永遠に英雄の一人として残る」と語ったという。

そしてソレイマニ氏の殺害は、米大統領と米国務長官が加害者の一員であると強調し、「復讐するまで我が国は諦めないだろう」と述べたとのこと。

さらに「数日後にはトランプ主義とこの犯罪者の人生が終わって歴史のゴミ箱に行くことになり、我々はこれを非常に喜んでいる」と語った。

イランはソレイマニ氏の命日に記念イベントを計画しているとのこと。

最後に

そういえば11月28日にイランの著名な核科学者、モフセン・ファクリザデ氏が暗殺されてるね。この人もイラン革命防衛隊の幹部だったようだが。イラン側はイスラエルの関与を疑っているんだっけ。

気になる1月6日の上下院合同議会だが、トランプ大統領陣営はこの日に爆弾証拠を出すと言っているね。一方でペンスカードが出る確率は低そうだがどうなんだろ。

『決定的証拠』GA州公聴会であの投票機がネット接続できてしまう、ペンス副大統領は1/6動くのか

2020年12月31日

テネシー州ナッシュビル大爆発、警察は「意図的」と発表、通信網が一時中断も

2020年12月26日
image

アメリカとイランが一触触発?司令官殺害で緊張

2020年1月5日