『やはり事実?』パウエル弁護士「私は大統領側近たちからブロックされている」――ホワイトハウス出禁状態か

パウエル弁護士を遠ざける動き

昨日の記事でジュリアーニ弁護士の言動が気になると書いたんだけど、やはりホワイトハウス内にシドニー・パウエル弁護士を遠ざけようとする動きがあるようだ。

Washington Examinerの記事によると、パウエル弁護士は

  • 「私はホワイトハウスの顧問弁護士や他の人達から、大統領と会ったり話しをしたりすることをブロックされている。」
  • 「金曜の夜から大統領と会っていないし、話もしていない。」
  • 「彼の部下たちは自分のキャリアと底意を保守しつつ、ミスリードし、土台を揺るがしている。」
  • 「彼らは何を隠そうとしているのだろうか。」
  • 「我々の政府全体が、大きな嘘と隠蔽になってしまっているようだ。100%の米国民がそれにうんざりしている。」

などと語ったという。

またパウエル弁護士は、CISAやFBIの調査結果資料などを元に、外国の選挙干渉についてジュリアーニ弁護士にレクチャーしようとしたことも、不条理な妨害に遭ったという。

ホワイトハウスから門前払い

これらは前に書いたパトリック・バーン氏のツイートと一致するね。

そのバーン氏は現地12月22日に「MGショー」というPODCASTに出演し、ホワイトハウスでの出来事について語っている。

それによるとパウエル弁護士は、ホワイトハウスの特別弁護士に決まっていたらしい。しかしそのための事前審査みたいなものを受けられない状態になっているという。

パウエル弁護士が会議後にホワイトハウスに連絡をしても、メドウズ参謀長に断られたと。仕方なくホワイトハウスに直接出向いたが、門前払いにあってしまったという。(カナダ人さんの動画参照)

目同図もなかなかの狸なのか。

最後に

もしこれらが事実なら、以前ここで土星や木星が水瓶座に入ると「分断や離脱などが目立つようになる」と書いたんだけど、どうやらトランプ陣営内部でもそういう事が起こっていると疑わざるを得ない。

またその一方で「リークが多くなる」とも書いたが、こうしてバーン氏のようなリークが出てきている。

この切羽詰まった時期にきて、トランプ陣営が一枚岩でないということになると、ますます問題が複雑化するような気がするが、見通しはあるんだろうか。

それとも撹乱作戦?
まあどっちにせよ想像を超えた展開なのは間違いない。

『トランプ反撃体制か』シポロン顧問解任はデマ?、タベルヴィル上院議員、ジュリアーニ弁護士の疑問

2020年12月22日

『これは事実?』パトリック・バーン氏のツイートが話題「トランプ側近たちは負けを望んでる」「内側から裏切られてる」

2020年12月21日

戒厳令、パウエル弁護士特別顧問、投票機押収――側近たちが反発と報道、トランプ氏「フェイクだ」

2020年12月20日

『最高裁にリーク?』Googleが米38州から提訴、トランプ氏は最高裁に失望、パウエル弁護士の2州提訴は最高裁受理も・・・

2020年12月18日

『土星が水瓶座入り』ラトクリフ長官報告書は年明けと報道、FBの不正資金提供を告発、マコーネル疑惑など

2020年12月17日

ドイツのサーバーを押収したのは米特殊部隊か、銃撃戦で6名死亡?米上空に多量の飛行機が――これから何が起こるのか

2020年11月30日

ツイッターがやり放題な件、トランプ氏は国防総省のアドバイザー達を解任、それってつまり?

2020年11月27日

シドニー・パウエル弁護士がトランプ法務チームから外れる――ホロスコープは孤高の正義感か

2020年11月23日

トランプ法務チームが会見――選挙不正・投票機等についてジュリアーニ、パウエル弁護士の主張はこれだ

2020年11月20日

トランプ大統領がCISA長官クリス・クレブス氏を解任、その裏に選挙集計システムの疑惑あり?

2020年11月18日

【米大統領選】疑惑に対しトランプ氏が集計差し止め提訴、デモも起こり混迷状態か

2020年11月5日