『大炎上』クオモ知事の弟クリス・クオモ、CNNキャスターでありながら兄の会議に参加していた

クリス・クオモが兄の政治会議に参加していた

他に取り上げたいネタもたくさんあるんですけど、どうもこっちに行ってしまいます。なクオモウォッチャーです。

というわけで今回は、ニューヨーク州アンドリュー・クオモ知事の実弟、クリス・クオモ氏が大炎上している案件をぶっ込みたいと思います。
(紛らわしいので以後ファーストネームで書きます)

以前にも触れましたがクリス氏は、CNNのニュース番組「クオモ・プライム・タイム」という冠番組のアンカーを務めています。つまりCNNの顔的存在の一人と言えます。

そんなCNNの看板とも言えるクリス氏が、ニュースを伝えるキャスターという立場でありながら、兄クオモ知事の事務所の会議に電話でリモート参加していた事が、ワシントンポストにスッパ抜かれました。

情報源は例によって「関係者」とのことですが、報道後にCNNもクリス氏も認めているので、間違いなく事実です。

セクハラスキャンダルの戦略会議だった

ワシントンポストのは有料記事のため読めていないのですが、別のインディペンデントの記事によると、クリス氏は一連のクオモ知事のキャンダルの対応を考える戦略会議に参加していたとのことです。

まあなんて兄思いの弟なんでしょうね。きっと全米が泣いてます、別な意味で。

この電話会議は、クオモ知事が周辺女性からセクハラを次々と告発されたため、その対応を考えるものだったようです。しかも一回ではなく複数回行われたとのことです。

普段から人権がー、差別がー、と主張している民主党や左派メディアですからね、こういうスキャンダルはまずいということだったかもしれません。憶測ですが。

「辞任するな」「反抗的になれ」とアドバイス

この会議に参加していたのは、クオモ知事の側近の上級スタッフ、コミュニケーションチーム、弁護士、複数の外部アドバイザーが含まれていたと伝えられています。

この会議でクリス氏は、兄クオモ知事に辞任せず、反抗的な態度を取るよう勧めたとのことです。仮にもニュースキャスターがです。

そして知事に留まることを正当化するため「キャンセルカルチャー」というフレーズを出したと言われています。

これで思い出しましたが、そういえばクオモ知事は会見で「キャンセルカルチャーには屈しない」と発言していました。あれは弟からの助言だったんですね。↓

『今日のクオモさん』さらに30名が何らかの嫌がらせを受けた――早くもクオモ政権スタッフは逃げる準備か?

2021年3月15日

以前から兄のアドバイザーだった

クリス氏は知事と13才違いで、兄にとって良きアドバイザーだったといいます。そして兄が2011年にニューヨーク州知事に就任した時から、定期的に政治的なアドバイスを行っていたと伝えられています。

一応確認のため、クリス氏がCNNに入社したのは2013年~です。

そしてコロナパンデミックの初期から知事の相談相手になり、さまざまな提案などを行っていたとのことです。

別のアドバイザーの一人は、「知事は5人くらいしか信用していないんだ。だからクリスが電話会議に参加しているんだ」とおっしゃっていたといいます。事実なら意味不明ですね。

というのも、知事自身はコロナ死者数を隠蔽して国民を欺いていたわけですからね、信用云々をおまいう?という気がしてしまいます。

批判の声が高まる原因

ワシントンポストが報道したことによって、クリス氏やCNNに批判の声が高まっています。

それは、これまでの経緯を理解しておいた方がいいと思います。

まず、以前にも書きましたがCNNは、実の兄弟関係を利用してインタビューなどを行っていたことで、ジャーナリズムとしての倫理に疑問の声が挙がっていました。

次に、3月にクリス氏はCNNの自分の番組で「兄だから」という理由で、クオモ知事のセクハラスキャンダルは報道しない、と宣言していたのです。今にして思えば、この宣言の裏には会議のことがあったかもしれません。

さらに兄のクオモ知事は、ニューヨーク州知事の立場を利用して、身内にコロナ検査を優先的に受けさせていたことが分かっており、また陽性になった弟クリス氏には優先的にコロナ治療を受けさせました。

しかもアンソニー・ファウチ博士にです。これにクリス氏はノーコメントを貫いていました。

『今日のクオモさん』クオモ知事・職権乱用疑惑――家族に優先的にコロナ検査?弟のクリス・クオモもファウチ博士に

2021年3月25日

こうした前提条件が重なっていたため、今回の報道で、より一層批判が強くなっていると思われます。

自分の番組で認める「私には家族が第一」

今回の報道を受け、クリス氏は現地5月20日の「クオモ・プライム・タイム」の番組の冒頭で認めました。

  • 私が兄にアドバイスをしているという報道が出ています。
  • もちろん、私はしています。これは真新しいことではありません。私は公言してきたし、隠したこともありません。
  • 私はどんな話題も客観的に見ることが出来ますが、自分の家族は別です。
  • あなた達と同じく、家族は私にとって全てを意味し、私は家族に忠誠を誓っています。私には家族が第一、仕事は第二です。
  • しかしジャーナリストでもあり、政治家の兄弟というのはユニークであり、ユニークなチャレンジでもあり、私にはそれらの役割のバランスを取るというユニークな責任があります。
  • (このようなことは)もう二度とやらないでしょう。
  • 私のミスは、業界で最高のスタッフ達を不利な立場に追いやったことです。そのようなことは意図したわけではないし、決してそのようなことはありません。
  • ボーダーラインがどこにあるかは自覚しています。それを尊重しつつ、家族のために尽くすことができる。そうしなければなりません。私は兄を愛し、家族を愛し、自分の仕事を愛し、CNNの同僚を愛し、尊敬しています。

しかし他のジャーナリスト達からは「ボーダーラインがどこか分かってないじゃん」などの批判の声があるようです。

CNNは処分なし、女性団体は避難

CNNも事実を認めながらも、懲戒処分は否定しています。

しかしニュースを報道する者は政治に関わるべきではない、という倫理に反していると批判を受けています。

これに関して「ウルトラ・ヴァイオレット」という女性団体が、CNNにクリス氏の降板を求めています。

CNNはクリス・クオモを直ちに停職させ、ネットワークでの彼の権威的立場が、他の報道にどのように影響を与えたかについて徹底的に調査すべきです。

信用をなくしたジャーナリズム

まあCNNは視聴者数の激減が深刻ですからね。

見れば分かるように、CNNは他のFOXやNBCに比べて悲惨なほどの少なさです。以前MSM(メインストリームメディア)と言われてましたが、この視聴者数ではもはや主流と言えるんでしょうかね。

まあ結局、視聴者は正直だということの現れかもしれません。

そういえば日本の海外記事は相変わらずCNN等の流用なんでしょうかね?よく知りませんが。

ではこの辺で失礼します。

CNN暴露動画のオキーフ氏のツイッターアカウントが凍結、パート2、3で暴露された内容とは

2021年4月17日

CNNディレクター「CNNがトランプを落選させた」と認めてる動画がリークされてしまう

2021年4月14日