2021年夏至図から読み取る、この先数ヶ月の状況は?――国民・災害・社会問題など

国民はまだ苦しい状況が続くか

さて今年の夏至図について気がついたことを挙げたいと思います。ちょっと過ぎてしまいましたが、まだ影響はしばらく続くと思います。

まず今回の夏至図で一番最初に触れるべきポイントですが、残念ながら国民はまだ苦しい状況に縛り付けられるのが示唆されています。

経済的な安定を早く確保したいため、今までとは違ったジャンルを模索する人もいますが、そうしたとしてもなかなかうまくいかない暗示です。裏目に出てしまうことがあるのです。結果を早く出したいと思って焦ると失敗する可能性があります。

あと女性の方、変な男性に気をつけてください。突発的な衝撃も暗示されています。

災害・事件事故など

静岡県熱海市では豪雨によって土石流が発生し地盤が緩み、地滑りや建物倒壊などの被害が出ています。まだ安否が不明な人もいるようです。

メキシコ湾では7月2日に海中パイプラインで火災が発生しました。フロリダ州ではコンドミニアムが崩落しています。こちらも日に日に被害者が増えていますがこれを書いている現在、18名の死亡が確認されたという報道があります。

このように元々の地形や建造物が崩れたり問題が出るのは夏至図に暗示があります。今後も各地で注意が必要です。またそのような事が起こった場合、人が被害に遭うことになります。

別のジャンルですが週末、シカゴで大規模な銃撃がありました。全部で90発が放たれ16名が死亡、子供も6名が負傷しています。今年に入って最も最悪な週末と言われてますが、このような無差別的な被害も予想されます。

情報について

ニュースや情報には振り回されやすいかもしれないです。ただそうした情報の中には、何か裏の思惑があるかもしれません。邪悪な思惑が隠されている可能性が暗示されているのです。ただ邪悪な野望があったとしても、それは満たされないで終わるかもしれません。

これは陰謀論ではなく、あくまで天体の暗示です。ですので以前から書いているように、情報には個人個人が見分けるアンテナを持つべきと思います。

一方で、きちんとしたソースに基づいたニュースももちろんあります。正しいものは時間がかかるかもしれませんが、後で見直されることになるでしょう。

ニュースは一時的に人の注目を集めますが、すぐに忘れ去られることが多いのでは。新たに出るニュースにかき消されるからです。でも上に書いたようにちゃんとしたソースに基づいたものは見直されるはずです。

人々は消耗

これらを含め、起こったなんらかのネガティブな要素はすぐに解消されず、しばらく持続するかまたは繰り返されるのです。それは人々を消耗させ、ストレスを与えます。

国民個々には厳しい傾向がある一方で、案外国としてはスムーズかもしれないです。ただしそれが国民の支持を得るかどうかは別です。国民の願いとは裏腹なことはよくあります。

簡単ですがこんな感じで読みました。

ではこの辺で失礼します。