ネプチューンの名倉潤氏が鬱病で約2ヶ月間の休養――もともとホロスコープには問題が

ネプチューンの名倉潤氏が鬱病で約2ヶ月間の休養に入るという。

昨年6月に頚椎椎間板ヘルニアの手術を行った後、手術の侵襲(しんしゅう)によって鬱病を発症したという。

「手術の侵襲」とは聞き慣れない言葉だが、手術=身体を傷つけることによってもたらされる身体的・精神的な刺激による生体の反応の事だそうで、ホルモン・免疫・神経などに変化が起こるようだ。

まあ小難しいことは置いといて、ホロスコープで確認してみた。

確かに頚椎も神経もって、ストレスが過度にかかっている。

もともとこの図は、身体の機能の困難を調整しなければならない暗示があって、それが腰や鬱に出たと察するが。

タイミングはバッチリやばい感じだよね。