【ワクチン】米FDAの諮問委員会がワクチンブースターを却下、安全性への懸念

FDA委員会がワクチンブースターを却下

米現地9月17日に米FDA(食品医薬局)の諮問委員会が、16才以上を対象としたワクチンブースター(追加接種)の審議を行い、18名の委員メンバーによる多数決が取られました。

結果は16-2で却下されました。

ただし、65才以上の高齢者やリスクが高い人を対象にしたブースターは、18-0の満場一致で緊急承認されました。

太陽海王星オポのタイミングなのが興味深いです。

データ不足、安全性への懸念

バイデン政権は、16才以上のすべての国民を対象にブースターを行う計画を打ち出していましたが、圧倒的多数で却下されました。

これは若年層のデータが不十分で安全性への懸念があることや、特に16才~の若い男性において心臓の炎症など重篤なリスクを指摘する声があり、すべての人にブースターを行うことに疑問を示したといいます。

ただ諮問委員会が反対しても、強行したアデュヘルムの例もあるのでどうなんでしょう。

ちなみに諮問委員会の結果に決定力はないらしく、これを受けてFDAが数日中に判断を下すだろうと言われています。

ではこの辺で失礼します。