英ボリス・ジョンソン首相、ワクチンパスポート計画を中止――増税への批判をかわす狙いか?

英首相、ワクチンパスポート廃止へ

イギリスのボリス・ジョンソン首相が、ワクチンパスポート計画を中止する方針を発表しました。また、いくつかの緊急制限も廃止するとのことです。

このような異常事態下においては、強制的で押しつけがましい手段が必要だった。しかし私は、ワクチンによる防御のために不要となった権限を廃止する決断をした。

ただ9月初旬の段階では、ジョンソン政権はワクチンパスポート計画を進めると報じられていたようですが。

増税への批判をかわす狙い?

これに関してサジッド・ジャビット保健相も、これ以上のロックダウンは予定しておらず、ワクチンパスポートも導入されないだろうと述べました。

伝えられているところによると、ジョンソン首相には批判をかわす狙いがあると見られています。

ジョンソン首相は増税をおこなうことで、与党の一部から批判を受けているようです。そのため、ワクチンパスポート計画を中止することでその批判を緩めようとしているとのこと。

世界各地で抗議活動

ワクチン政策やワクチンパスポートに関しては、世界各地で抗議活動が起こっていますね。イギリスの他にカナダ、フランス、オランダ、イタリア、ギリシャ、トルコ等・・・

英ロンドン

カナダ

特にフランスは暴動にまでなっています。

最後に

太陽海王星オポで、ジョンソン首相がワクチンパスポート中止を発表したのが興味深いです。

そういえば自民党総裁選に出馬する各氏は、一応ワクチン政策を維持する感じですかね。どうなるか成り行きを見ていきたいです。

ではこの辺で失礼します。