ET-KING・いときん氏が肺腺癌を発表、ホロスコープに異変はあったのか?

ヒップホップグループ「ET-KING」のリーダー・いときん氏が、肺腺癌のステージ4であることを発表した。しばらく治療に専念するという。

いときん氏のコメント

7月26日から、大阪市内の病院に深部静脈血栓症の為入院しております。

そしてもう1つ、治療をしなければならない病気にかかっております。病名は肺腺がんです。

6月に健康診断を受けた際に発覚し、7月に細胞検査などをした結果、ステージ4の進行がんであることが分かりました。リンパ節、そして脳にも転移しております。

これから生命力を尽くし、家族、仲間と共に病気と向き合い、治療法を選択し専念していきたいと思っております。

ET-KINGいときんとしてのライブ活動はしばらく休ませて下さい。

ライブ関係者各位、イベンターのみなさまには、年内のライブにつきまして大変ご迷惑をおかけすることになりますが、事務所メンバー含め精一杯の対応をして参りますので、どうかよろしくお願い致します。

ET-KINGのリーダー、いち大阪のブルースマン、そしてHIP HOPのトラックメイカーとして、

自分の音楽、哲学に向き合い、まだまだ作品を残したいと思っています。

生きたい!!

【引用:ET-KING公式サイトより】

肺腺癌とは

ちょっとググってみたところによると、肺腺癌というのはいわゆる「肺癌」の約5~6割を占めるタイプとされ、日本においては最も発生頻度が高いものだという。また喫煙との因果関係は比較的薄いらしく、非喫煙者にも多く発症するタイプの癌だとか。

いずれにしてもステージ4となると手術での切除はすでに厳しく、しかもすでに脳やリンパ節にも転移しているということは、かなりシリアスな状態ではないのか?・・・

いときん氏のホロスコープ

ET-KINGといえば、創設時メンバーのTENN氏(SPEED上原多香子氏の元夫)が2014年9月に自殺をしており、それがきっかけでその後活動を休止していた。(2015年7月に活動再開)

いときん氏:現在のホロスコープ

いときん氏:現在のホロスコープ

ホロスコープを見てさっそく気になる点を見つけてしまったんだけど、この図はパーソナル天体とトランスサタニアンに全く関わりがない。彼の作品は全く知らないのだけど、こういうのってミュージシャンとしては少し珍しい気がする――たいていアーティスト系には大きなポイントになったりするからね。
(まあヒップホップだしグループだからあまり関係ないのかもしれない・・・かな?)

それからすると、もしかして枠外からもたらされるものに案外免疫力が低かったりするのかもしれないし、けっこう「生」に対して執着があったとしてもおかしくないよね。本人のコメントの最後に「生きたい!!」とあるし。

だからかはわからないけど、ともかくこのホロスコープは今どうのというより、去年前半からの状態がなかなか厳しい。いやもっといえば一昨年の暮れあたりからとか、さらに遡るとTENN氏の自殺くらいからすでに余波はあった感じだけど。

まあそういう天体状況のハードさが体調にもたらす影響は当然あるのだけど、だとすれば今年6月に検査を受けて発覚したというのは、いかにもタイミングとして遅い。もう少し早く発見できれば・・・
まあ天体のハードな影響が必ずしも病気に現れるとは限らないので、そういうタイミングの時は気をつけるくらいしか対策がないのだけど。

で今後だけど、とりあえず9月以降は気をつけてもらいたい。気になるタイミングがあるので。

あと、このホロスコープにはもう一つ気になるポイントがあるのだが・・・