紛糾する日馬富士の暴行問題――頑として語らぬ貴乃花親方のホロスコープを考察

横綱・日馬富士関の暴行問題が紛糾している。
これまで被害者である貴ノ岩関サイドが何も語っていないことが、逆にメディアの情報合戦を煽ることになってきたが、ここにきて支援者なる人が、貴ノ岩本人と直接電話で会話した内容を明かしたことで、事態はまた混沌としてきた。さらにそこに貴乃花親方が日本相撲協会に対して協力しない、などと宣言したことが事態をさらにカオス化させているが。

加害者側に偏っていた情報合戦

この件はこれまで様々な情報が錯綜し、憶測が憶測を呼んでいた状態だったが、初めて被害者側からの証言らしきものが出てきたのは前進かもしれない(この支援者なる人の素性が明かされていないが)。一説によれば暴行事件のあった二次会は、以前の本場所で(空気を読まず)白鳳関をガチで破ってしまい、稀勢の里関に優勝させることになってしまった貴ノ岩関に、先輩のモンゴル力士達がハナから「制裁を加える目的」で集まったとの情報も出ている。そもそもモンゴル力士だけの集まりだったらしいし。

ともあれ、これまでは加害者側(モンゴル同盟とも言うべきか)や、中立っぽく振る舞ってる日本相撲協会サイドから出た情報しか出てこなかったわけで、必然的に被害者サイドに不利な情報が蓄積されていっている状態と言ってもよかった。中には「ビール瓶で殴ろうとしたけど濡れていて手が滑った」などという横綱・白鵬関による意味不明なフォローがあったが、その場に居合わせた複数の力士がすでにビール瓶で殴ったことを証言した後のことであり、上の地位を利用しての隠蔽と受け取られても仕方がない。

また、すでに引退してすっかり相撲界とは関係のない元・朝青龍氏なども外野から騒ぎ出し、モンゴル大統領などの名前を出して権威を振りかざしてきているが、こうした状況もモンゴル人脈を利用した情報隠匿が見え隠れしてはいないだろうか。

グレーな相撲協会、頑とした態度の貴乃花親方

いずれにしてもそのように被害者側に不利な情報ばかりが偏って集まった結果、ある時期から「現役横綱による暴行」という本質が棚上げされ、むしろ協力しない態度の被害者、ひいては貴乃花親方に批判的な目が集まる流れになってきたのは不可解な事だ。

そうしたネガティブな状態にもかかわらず、貴乃花親方サイドの態度は最初から一貫してて、モンゴル側や協会に懐柔されることなく、被害者届を出して警察に判断を委ねている状態なだけだ。だからこそ、余計な口を挟んで言質を取られないようにする=これってよく、弁護士などがクライアントが不利にならないようにアドバイスするような=のは戦略的な意味でも常套手段だと思うのだが。

それを内々に処理して事態を隠蔽したいのかわからないが、相撲協会に「非協力的」だの「被害届を取り下げない」などと批判するのは何か矛盾を感じるのだが、どうだろう。

ただ、個人的にはこういう泥沼レースこそ日本相撲協会に相応しい――というか日本相撲協会のホロスコープに相応しいと思うわけで。前の記事で、日本相撲協会のホロスコープは「グレーな図」と書いたけど、この組織の図は何か裏がありそうで、常に問題が長引く。すんなりとはいかないのだね、基本的に。

でまあ、後で貴乃花親方のホロスコープを考察するのだけど、その前に、まずこの騒動には前提として頭に入れておかなければならないことがあるので書いておく。

日本相撲協会vs.貴乃花親方

その前提というのは、日本相撲協会の理事長を巡ってのことだ。
日本相撲協会の理事長というのは理事による選挙によって選ばれるが、それは2年に一度行われる。前回は2016年3月、次回は来年2018年2月になる。つまりあと三ヶ月ほどに迫っているタイミングだというのは抑えておかなければならないかもしれない。

北の湖理事長の急逝

これまでの経緯として、2015年11月にそれまで理事長だった北の湖親方が任期途中で死去したことにより、急遽、現在の八角親方が理事長代行となった。ところが故・北の湖親方は、実は貴乃花親方の事を買っており、将来自分の後継者(つまり理事長)にするべく、しかるべくポストに抜擢して育てていた。それは、もしかしたら自分の病気や運命を薄々感じてのことだったのかもしれない(まったくの憶測だが)――そんな中での突然の訃報だった。

そして翌3月に正式な理事長選が行われた。その時に貴乃花親方ももちろん立候補したが、投票で敗れてしまった――ここもポイントとしておさえておきたいのは、歴代の理事長選には「出羽海一門」や「二所ノ関一門」といったような“一門”というようなものがモノを言うらしい、ということだ。つまり相撲部屋の派閥のようなもので、これが票取り合戦に一役も二役も買う。

貴乃花親方は父である二子山親方(元大関・貴ノ花)の死後、二子山部屋を受け継いで「貴乃花部屋」と改称し、それまでの二所ノ関一門から離脱してしまった。それ以後、どの一門にも属さず独自の道を貫き、その志に同調した部屋と共に「貴乃花一門」となっていき、実質的に独立グループを形成していた――ために、組織票の恩恵には預かれなかった。

貴の乱

そんなわけで前回の理事長選で貴乃花親方が立候補した際、メディアでは「クーデター」や「貴の乱」みたいな見出しが踊った。それまでの年功序列や、一門ごとの調整などを重視する、旧態依然とした「出来レース」体質をブレイクスルーする、貴乃花親方による“予定調和ぶっ壊し”のアクションだったからだろう。

またこのアクションの裏には、相撲協会のこれまでの数々の不祥事=八百長問題、時津風部屋の暴行死事件、現役横綱による一般男性暴行などや、またそうした問題に対する協会の隠蔽体質への、貴乃花親方なりの反発があったと言われる。もしかしたらそうした姿勢に故・北の湖親方も期待を寄せていたのかもしれない。この時の理事長選では、貴乃花親方は頭を丸坊主にして改革への気迫をたぎらせたが、すでに述べたように派閥の論理に屈した形となった。

屈辱の報復人事

しかし、それだけでは終わらなかった――八角親方の理事長就任決定後、役職人事が行われ、クーデターに失敗した貴乃花親方は巡業部長という役職に就くことが決まったが、これは露骨な報復人事と言われた。というのも巡業部長というのは明らかに格下の役職で、執行部とは関係のない閑職だという。これまで北の湖理事長の元、要職に就いていた貴乃花親方にとっては左遷に近いものだった。
また理事長選で貴乃花親方を支持した山響親方も、相撲教習所長という最も閑職に追いやられた。

いつの時代もどんな組織も、権力を争う構造というのは裏があり、平等でも高潔でもないのは残念なことだ。が一方で、最も地球社会らしいものだとも言えるが――水や土のサインの内向きの論理に対する、風や火の対抗という占星術のセオリーを考えずにはいられない。

いずれにしても、こうした経緯を除外して今回の暴行問題を考えることは出来ないだろう――つまり貴乃花親方には、前回の理事長選・そして報復人事に対する、わだかまりと言うか残像みたいなものが根底にあってもおかしくないと思う。そして今回の件もひた隠そうとする相撲協会の執行部に対し、無言の抵抗を示したのかもしれない。

貴乃花親方のホロスコープ

前置きが長くなったが、そんなわけで貴乃花親方のホロスコープを見ていく。
ネットに流れている情報によれば、貴乃花親方は21:44の生まれらしいが、その出処のソースについては不明なので、仮定で書く。

貴乃花親方:出生ホロスコープ

貴乃花親方:出生ホロスコープ

そもそも二所ノ関一門から離脱→独立独歩というのが、この人のホロスコープを端的に表していると思うけど、組織や人間関係にハマりたくない人だろう――そしてそれは家族や肉親に対してもだ。以前この人は兄弟間の確執みたいのがあり、今もそれは続いているようだけど、そうした血のつながりや家族というものから離脱する人、というのがなんとなく暗示されている図だ。

占星術が分かる人は「なぜ?蟹座があるのに?」「4ハウス蟹座なのに?」と思うかもしれないが、この蟹座の金星は6ハウスの冥王星に90度で否定されている。つまりそうした感情を持つな、と根底から覆されているようなもの、あるいはそうした感情はいずれぶち壊れるもの、というのを暗示している。
それは同時に、今回でも感じるこの人の「得体のしれない怖さ」のようなものにもつながってると思う。

また、上に書いたように家庭を表す4ハウスは蟹座だが、そのルーラーの月は6ハウスに飛んでいる。つまり「家庭は仕事場のような」と思ってもよくて、家業が相撲部屋だったというのがそれを関連付けている。
この月には冥王星が隣りにあるが、これは家業で限度を超える母=藤田紀子(憲子)氏と重ねてみてもいいだろう。以前、藤田氏は息子が部屋に弟子入りした瞬間から「親子ではなく弟子となった」と、どこかで言っていた記憶があるが、つまり母と息子ではなく「部屋の女将さんと弟子」という関係になったのも、このホロスコープがよく暗示しているかもしれない。そしてそれは6ハウスだ。

これは言い換えれば、貴乃花親方は途中で母親の愛情を遮断されたかもしれなくて、その裏返しが今の親子断絶・兄弟断絶のような歪んだ形になってしまっているとも深読みできる。この母の愛情を遮断された屈折は、もしかしたら現在の貴乃花親方の深層に眠っているものなのかもしれない。しかもこの乙女座最後の月は、深く根付いた疑念が払えない。

蛇足だがこの月は、現夫人である花田(河野)景子氏に投影されていく。
彼女は普通の奥さんじゃないということ=部屋の女将としての仕事を充分にこなしていかざるを得ないのだろう。

このホロスコープの奥深くにあるこうしたベーシックなポイントを読んだ上で、今回の件を考えてみたらどうなのか。なぜ貴乃花親方は頑なに反発心をむき出しにして独立の道を進み、しかも玉砕戦法に出るのかを。

また私は別のポイントにも注目したが、これ以上は長くなるので止めておく(すでに長いがw)。

これからどうなるか

最後にタイミング=つまりトランジットの影響についてだが、まず横綱・日馬富士関については無事に済むかと言えばホロスコープ的には難しいと言わざるをえない。本人は横綱のままでいることができれば断酒する、と言っているみたいだが、年末~年明けには厳しい状況が迫ってくるのではないか。

ただ、それに対してモンゴル同盟(?)および相撲協会がどう画策するかというのもある。前にも書いたように、日本相撲協会のホロスコープはいま怪しい状態だし、それにもまして、すでにモンゴル国内では貴ノ岩関=悪者という報道が大勢を占めているようだ。こうしたことから、もしかしたら徹底して日馬富士関を守るということも考えられる。
そうなると真相は不明のままだ。いつの時代も同じだけど。

では貴乃花親方は――こちらも状況は必ずしも楽観できるものではない。
今は自分から湧き出た火山という感じだが、この火山灰がのちに自分に降りかかることになりはしないか。最悪の場合、四面楚歌になる可能性も考えられるが、そもそもが孤高な人なだけに、そうなったとしても案外ダメージにならないのかもしれないが。

実は貴乃花親方のMCには、ジワジワとトランジットの冥王星が近づいている=これが何を意味するか。(生まれ時間が正確かという問題はあるけど)
いつの時代も、組織に反目した個人は危ういものだけに・・・

ともかくこの問題はしばらくは目が離せない。