NGT48山口真帆の暴行事件が大炎上な件――天体配置の暗示

先日取り上げた、NGT48の山口真帆の暴行告発の件、案の定ネットで大炎上になっている。ようやく1月10日にNGT48運営から事件に対する公式なコメントが発表されたが、騒動はその程度の手ぬるい火消しで収まるようなレベルをすでに超えてしまっているようだ。

対応に違和感

運営会社の公式発表によると、今回の暴行事件でNGT48メンバーの1人が山口の帰宅時間を教えるなど事件に関与していたこと、今後メンバーに防犯ベルを支給や自宅への巡回など、再発防止に務めることなどが発表された。
【参照】山口真帆に関わる一連の騒動についてのご報告/NGT48 Official Site

しかし山口の涙の告発から2日経っており、対応が遅きに失した感は否めない。なにより事件からは一ヶ月以上経っているわけで、もし彼女が告発をしなければ、永遠に闇に葬られていたかもしれないと考えると、むしろこうして騒ぎになってよかった気さえする。

また被害者である山口真帆本人が、公演でなぜか謝罪したのも物議だ。彼女が謝罪をする必要があるのかというそもそもな疑問と、時系列的にも運営の公式コメントが出される前なので、考えれば考えるほど変な話だ。

ネット大炎上

すでにこの事件は、米yahoo.com、米ビルボード、英デイリーメールなど海外でも報じられており、記事に寄せられたコメントには「日本は変わってる。なぜ彼女が謝らなければならない?」「彼女は、警察と運営の代わりに謝罪しているように見える」「日本は女性をディスってる」「お粗末な運営だな」「日本は何を訴えたいんだ?キモいわ」などの意見が寄せられている。

さらに運営に対する批判の声も多く、署名運動も始まっている。

【参照】NGT48グループ今村支配人の辞職と運営スタッフに公式な場での謝罪を求めます。/change.org

巨大掲示板「5ch」では、特定のコアな板の住民にスイッチが入ってしまったらしく、スレッドが乱立しもはやお祭り状態になっている。そこではこの事件に関わった人間が特定され、写真や動画も拡散されており、また住所まで特定されてしまっている。

これらの情報は確かに疑わしさを匂わせるけど、実際は真偽不明であり今のところ確認のしようもない。

天体配置の暗示

2019年1月11日

2019年1月11日

これを書いている間も、上に貼った署名の人数がどんどん上がっていくが、個人的に今回のことは「たまたま炎上した」と思ってなくて、問題が大きくなるのはたいてい天体配置が絡んでると思うので。

というのも今日は、太陽が冥王星と重なった。もちろん太陽は1日にほぼ1度ずつ規則的に進む(本当は地球のほうが動いているのだが)ため、この少し前からなにかの流れが起こると、それは過大になっていくという暗示になる。しかも木星と海王星も90度なので、どんどんいろいろな方向へ広がっていくわけだ。

こういう天体の動きと世の中の出来事を照らし合わせてアンテナを張るのも、ホロスコープを読むセンスを養うのに役立つ。

また以前から言っているように、いまは土星が冥王星に近づいているタイミングであり、いろいろ社会が動こうとしている時代だ。今回はたまたまNGTっていうローカルな問題だけど、社会としてみれば女性の悲痛な叫びでもあるわけで、これに反応している人も多いのだと思う。

いずれにせよ、いまの特徴的な天体配置はそう頻繁にあるものではなく、土星が冥王星と重なること自体が29年に一度しかめぐってこない。

さらに土星の本来の居場所である山羊座で、っていうのも加えれば、もっとレアなタイミングなのである。

(株)AKSのホロスコープ

(株)AKS:ホロスコープ

(株)AKS:ホロスコープ

ちなみにAKBグループの運営会社である株式会社AKSのホロスコープは、山羊座の終わりに水星・金星・太陽が固まっている。このあたりを今後も含めトランジットが刺激するので。

もともとこの会社のホロスコープは、なにかあると過剰に広がりがちな配置であるため、これまでもAKB及び派生グループに関して様々なお騒がせがあったと思うが、それもこの図の影響である。

またこの図は抑えが効いていないので、一度火がつくと騒がれ放題になってしまう。今回のこともNGT48だけに限らず、他のグループ及びメンバーを巻き込みつつあるのはそういうことだろう。

いずれにしても、さらに今後注目したい。