【驚き】NGT48卒業の山口真帆、大手事務所「研音」所属に決定――徒手空拳で戦った末に

山口真帆が研音所属に

NGT48を卒業した山口真帆が、大手芸能事務所・研音に所属が決まったという。

研音には唐沢寿明・反町隆史・竹野内豊・山口智子・天海祐希・菅野美穂など俳優が多く所属し、AKBグループ出身のアイドルとしては初めてだという。

正式発表後、さっそ研音の評価が爆上がりし、アクセスが殺到してサイトが繋がらない状態が続いたもよう(これを書いている現在も、まだ繋がりにくいっぽい)。研音の公式ツイッターにも賛美の声が上がっている。

この直前に、加藤美南のSNS不適切投稿による研究生降格、それによってNGT48全メンバーのSNS禁止などがあったり、NGT48早川支配人がいきなりツイッター開始したりなどがあったが、これらは研音に対する配慮?とも噂されているけど。秋元康氏もわざわざ卒業用の詩書いてるし。

これで一応、山口真帆にはめでたしめでたし、なのかな。まあ彼女のホロスコープはけっこうハードだけど、突破口にした感がある。

山口真帆:現在

組織と個人の対峙

何にせよ個人が世論を味方につけて、組織とここまで戦った例は極めて異例では。

そもそも山羊座に冥王星が入ってから、アイドルのユニット売りが”雨後のタケノコ”のようにあちこち派生したけど、多くはメジャーになれなかった。

それどころか、中には自殺してしまった地方アイドルもいたし、そこまででなくても不可解な卒業や活動休止などが目立つのは気のせいでもないだろう。つまりこれまで、運営組織や権力にはしょせん個人の力は及ばなかった。

そんな中で、山口真帆は運営の理不尽さに対して、徒手空拳で真っ向勝負した。当初は雲行きも怪しかったけど、そもそも彼女の主張に矛盾がなかったし、むしろ運営側こそ矛盾だらけだった。それが徹底的に世論を味方につけることになり、けっきょく逆転みたいな形になった。これまでのところ。

山羊座の潮目

このブログでも、発生当初から「この事件は大きくなる」と言ってきたし、それは証明されたと思う。山羊座の潮目が変わる匂いがプンプンしてたし。

実際、これまでも体操協会を告発した宮川紗江選手の主張があったりしたけど、しょせん体制は覆らなかったわけで。

でもこここのところのタイミングで、コンビニオーナー側の主張が見直されたり、幻冬舎の見城氏の例もそうだけど、組織・権力寄りの時代から徐々に変わってくるのかなという感じで。

まあでも、このプロセスにおけるネットの白熱・炎上ぶりは、後世に残るものかもしれないよね。世論が組織を打ち負かしたという――そのうち誰か映画かドラマ化すればいいのに、とか思うけど。