元SMAPの三名が新たなスタート――新組織のホロスコープを見てみたよ

元SMAPの稲垣吾郎氏、草なぎ剛氏、香取慎吾氏の三名が新たなファンサイト「新しい地図」を開設し話題になっている。サイトを訪れると「逃げよう。自分を縛り付けるものから。ボーダーを超えよう。塗り替えていこう・・・」という動画で始まり、いかにも意味深げなものを感じさせるものとなっている。

芸能界に新たな潮流?

このサイトからリンクされるのがCULEN Inc.(株式会社CULEN)というサイトで、こちらがどうやら運営会社らしいことがわかっている。この(株)CULENの代表が、長年SMAPを育ててきた元チーフマネージャーのI氏だという。

なんでも(株)CULENは、いわゆるこれまでのような芸能事務所ではなく、クリエイティブ活動のためのパートナーという位置づけだそうだ。これは昨今問題になっている「芸能事務所と所属タレント」の関係性に新たな潮流のようなものをもたらすのか、芸能界全体というのを考えても今後の展開は興味深いものだ。

実際この会社は、昨年設立されてすでに一年以上経過していることから、調整など準備や周到な用意のための時間を、それなりに費やしたように思えるが。

株式会社CULENのホロスコープ

(株)CULEN:ホロスコープ

(株)CULEN:ホロスコープ

で早速(株)CULENのホロスコープを見てみた。

太陽は蟹座の19度で、これは法務局の業務時間等を考えるとおそらく間違いないだろう。19度は蟹座の中ではおとなしい度数だけど、アスペクトがそれなりなので、今後いろいろ仕掛けてくることが予想される。特にこの太陽は、山羊座16度の冥王星と180度の関係なので、明確な目的意識があり、それに向かってどんどん進んでいく、という図だ。

冥王星のある山羊座16度は「ヌード」の度数で、これは抑圧からの開放を表わしている。太陽はこの冥王星に向かって突っ走ることになるので、つまり「新しい地図」のサイトで冒頭に流れる動画の「逃げよう。自分を縛り付けるものから・・・」のイントロダクションにずばりマッチしているとも言える。

ちなみに蟹座と山羊座のコンビが「開放」っていうのも考えてみれば何かおかしな話なのだが、この組織自体のテーマと考えたら何ら意味不明な事ではない。つまり開放するための組織、という風に捉えればいいだけだ。

同時にこの太陽は牡羊座の天王星と90度の関係にある。これは独自の方向性を追求していくという風になるので、まさしく業界の新たな潮流をもたらすきっかけになるのかもしれない。

そもそも芸能事務所とタレントの関係性は、のん(元・能年玲奈)氏やローラ氏や西山茉希氏などの例に見られるように、このところ様々な問題が取り沙汰されており、そろそろ転換期に来ているのではないのだろうか――というのも、山羊座の冥王星が「芸能業務のあり方」のようなものにそろそろメスを入れる時期だ、と示唆しているとも言え、今後もこうした問題は掘り起こされていくのではないか。

恒星パランが暗示するもの

さておき、この会社のホロスコープとともに、恒星のパランを見てみた。

ヘリアカル・ライジングスターは双子座のアルヘナであり、これはこの組織に改革の意志があることを示す。ただしその目的のためには乗り越えなければいけないものがあり、それらを越えてこそ、より大きな達成が用意されるというものだ。

長年培われた業界の慣習に新たな潮流をもたらすためには、どうしたって乗り越えなければいけないものはある。これは芸能界に限らず、どんな業種にもあることだ。しかしアルヘナにはそれを乗り越えるエネルギーと、乗り越えた先にある大きな達成があるはずだ。

また、スタート当初に影響するライジングには、ぎょしょ座のカペラがあり、これが天底の金星とパランの関係になる。カペラはまさしく自由と独立の星であり、しかもスピードがキーワードになる。ただし女性的な星なので争いは好まないだろう。

元事務所との関係

ここまでCULENについて書いてきたが、気になることがないわけではない。

この組織は昨年つまり2016年に設立したということで、どうしても混乱のエネルギーを背負わずにいられない。それが業界全体や元事務所との関係において、どのような事象をもたらすのか。

しかもCULENと元事務所とのホロスコープ上の関係では、明らかにその部分にアキレス腱がある。もちろん充分考慮はしているのだろうが。

果たしてどうなるのか今後に注目だ。