欅坂46・平手友梨奈が体調不良でTV番組を欠席――すんなりといかないガラスのヒロイン

ガラスのヒロイン

なんとなく気になったニュースで、欅坂46の平手友梨奈が、体調不良で昨日のTV番組を欠席したらしい。

なんか彼女って「ガラスのヒロイン」っぽいイメージというか、欅坂46のデビューシングルでいきなりセンターポジションに抜擢されたかと思えば、その後ライブやTV番組にも欠席が続いたりしてファンを落胆させた。で復帰したかと思えば、また体調不良で休業しちゃうっていうのを繰り返してて。

さらに昨年の紅白歌合戦に出場したとき、曲終了後に体調を崩したメンバーが何名かいて、その中に平手友梨奈も含まれていた。パフォーマンス後の彼女は過呼吸気味で身体が震えていた。

平手友梨奈のホロスコープ

そんな感じで、彼女ってせっかく選ばれし人かもしれないのに、すんなり王道をつっ走れないみたいな、そういう歯車の合わなさを感じるというか。持ってるオーラと、脆さの表裏一体みたいな、昔から芸術家や表現者にありがちなもの。

無論そういうのはホロスコープに現れてる感じがあって、なんとなく彼女の図って感受性過剰みたいになってるかもしれなくて、それが何かのきっかけですぐ脆さが出てしまうみたいな。

ただ逆に言えば、それが表現力とか感情の入れ込み方に、人とは違う「冴え」みたいなものが発揮されるのも、こうした表現者にありがちなんだけど。

残念なのは、その噛み合わなさみたいなのは特にここ数年出やすくて、一触即発な地雷を含んでる、ちょっとした綱渡り状態というか。

欅坂46との相性

でもう一つは、以前にも書いたんだけど平手友梨奈と欅坂46のホロスコープの相性がどうにもならない。たぶん彼女がこの組織に所属している限り、平穏とか安定っていうのはあるのかなという感じで、あったにしても長く続かないんじゃないかという気がする。(それはこれまでが示しているが)

まあそれもこれも彼女の選択なので仕方ないとは思うんだけど。

そうでなくても欅坂46って、過去に握手会で発煙筒が投げ込まれたり、ナチスドイツの軍服に似た衣装でユダヤ人権団体からクレームが来たりして、上記紅白の件も含めちょっと火薬庫な感じを受けてしまうんだけど。

ただそれは欅坂46のホロスコープの性質であり、同じAKBグループ?の中でも、欅坂46だけは曲調にしても何にしても、ある種異色な色彩を放って差別化されている感じを受ける(あまりよく知らないんだけど笑)。でもそれはホロスコープの作り出すカラーなので。

いずれにせよ、早く体調を治して頑張っていただきたい。