ショーケンこと萩原健一氏が死去、2011年からGIST闘病中だった――破天荒な生涯

容態が急変?

ショーケンこと俳優の萩原健一氏が、2019年3月26日に他界した。享年68才。

萩原氏はGIST(ジスト=Gastrointestinal Stromal Tumor)と呼ばれる消化管間質腫瘍により、東京都内の病院で亡くなったという。

2011年からこの病気を患い闘病していたが、容態が急変したようだ。夫人の冨田リカ氏のサイトでは、3月24日のエントリーで、萩原氏がジムでバランスボールでエクササイズをしている写真が公開されていたのだが。

萩原氏は亡くなる前日の3月25日に、救急車で搬送されたらしい。たまたまその日、取材のために自宅を訪れていた女性セブンの記者が目撃している。

【参照】萩原健一さん 死の前日、記者が見ていた「緊急搬送の瞬間」/NEWSポストセブン

までも取材のオファーを受けていたということは、直前まで体調が大丈夫だったのだろうか。記事によれば、25日には親戚も集められていたというが。

GISTとは

ところで萩原氏が患っていた「GIST」って、初めて聞くような病名だが、調べてみるといわゆる悪性腫瘍の一種だという。

GIST(ジスト:Gastrointestinal Stromal Tumor)は、胃や腸の消化管壁の粘膜下にある未熟な間葉系細胞に由来する「肉腫」の一種とされ、いわゆる「がん」とは異なります。消化管粘膜下にできる腫瘍はGISTだけとは限らず、良性の平滑筋腫、神経鞘腫や悪性の平滑筋肉腫などもあります。

【参照】GIST(消化管間質腫瘍)について/希少がんセンター

希少がんセンターによると、GISTは非常に稀な病気とされ、発症率は年間に10万人に対して1人から2人くらいとのこと。また、GIST特有の自覚症状は特にないらしく、腫瘍が大きくなってからでないと症状が出ないため、発見が遅れることがあるという。

16才でデビュー、マカロニ刑事で大ブレイク

萩原健一氏は16才の時に「ザ・テンプターズ」のボーカルでデビューし、アイドル的な人気を集めたが解散。その後、沢田研二氏・井上堯之氏・岸部一徳氏らとロックバンド「PYG(ピッグ)」を結成し活躍した。

1972年に始まった日テレの刑事ドラマ「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事役が大ブレイク。端正なルックスと破天荒なキャラでお茶の間の心を掴んだ。

有名なマカロニ刑事の最後の殉職シーン、立ち小便中に通り魔に刺され「母ちゃん、あっついな」と最後に言い残して亡くなるシーンは、後に松田優作氏が演じたジーパン刑事の殉職シーン「なんじゃこりゃ」ともに、伝説的となっている。

もともと「太陽にほえろ!」はマカロニ刑事が主人公で制作されたものらしいが、萩原氏が途中で降板を申し出たため、通り魔に刺されるという展開になったらしい。しかしドラマはその後も続き、第2シーズンで松田優作氏がジーパン刑事として投入され、その後も「殉職~新人刑事投入~殉職~・・」といったお決まりのパターンが形成された。

さらに1974~75年には日テレドラマ「傷だらけの天使」で、水谷豊氏とのドタバタコンビが人気を博した。ヘッドフォンと競泳用水中メガネをしながらトマトをかじるオープニングシーンは、その後ダウンタウンなどがパロディ化したりするほど、象徴的で当時の若い世代の心を掴んでいた。また水谷豊氏演じるアキラの「アニキ~」も記憶に残るフレーズだった。

この頃のショーケンは実に輝いていた。

萩原健一氏のホロスコープ

萩原健一氏

萩原氏は太陽の年令になってからちょっと歪んできた感じがあって、この間に二度の離婚、大麻不法所持で逮捕、活動停止、飲酒運転での人身事故、パパラッチに暴行など、ネガティブなことが立て続けに起こっている。

まあこの図の太陽を見ればわかるが。

太陽の年齢以後は割と落ち着いてきた感があるが、土星の年齢に近づくと、またヤンチャなショーケンの感じになってきた。

2004年に交通事故を起こして逮捕。さらに途中降板した映画の出演料返却を求められたが拒否し、そのうえ制作側に対する恐喝未遂容疑で逮捕されるという、あのショーケンっぷりが戻ったようだった。

ホロスコープでの病理

2011年には冨田リカ氏と結婚したが、その頃からGISTを患っていたということになるのかな。

ホロスコープで、しかもハウスがわからない状態で病理を見るのは非常に難しいのだけど、いくつかポイントが考えられる中で、私が注目したのはこの図の火星で、なぜなら普通の腫瘍とは違うからだけど。

もちろん蟹座にもハードな影響があったし、月はもともと乙女座の土星と90度っぽいので、消化器系には注意が必要だったかもしれない。

いずれにしても火星は何年もずっとハードだったよね。

そして最後は月がやられちゃった感じがある。