アイスダンスのマイア・シブタニ選手が腎臓がんの手術――1993~94年生まれ

悪性腫瘍を摘出

フィギュアスケートアイスダンスのマイア・シブタニ選手が腎臓がんの手術を受けたとのこと。

10月にニューヨークで体調が悪くなり、急患にかかったところ細菌感染だと診断されたが、再診を勧められロサンゼルスでMRI検査の結果、腎臓に小さな腫瘍が見つかったという。

 さらに「昨日手術をして、腫瘍を摘出しました。手術は成功し、ほかの部分の腎臓は私に残りました。病院で回復に向かっており、まだ術後の痛みが残っていますが感謝の気持ちでいっぱいです。ドクターは60:40の確率でこの腫瘍が悪性か良性と言っていますが、これからわかります。でも、私は若く、健康、そして早期発見できた事を幸運に思っています」と続けながら、気丈に前を向いている。

【出典元】五輪メダリスト、シブタニ妹マイアが闘病報告「腎臓の腫瘍を摘出しました」/THE ANSWER

その後の検査によって、除去した腫瘍はSDH―欠損性腎細胞癌(悪性)だったもよう。今後は回復に努めるとのこと。

マイア・シブタニ選手は父も母も日系人でニューヨーク生まれ。兄のアレックス選手とのペアで2014年ソチ、2018年平昌五輪に米代表として出場、平昌では銅メダルを獲得している。

ホロスコープ

マイア・シブタニ選手

1994年生まれなので、いまのタイミングは人生でかなり大きな出来事が起こりやすい世代。
しかもこの図は、腎臓がいかにもだけど。

また、この金星はただのハードじゃないので、かなり注意だったかな。

木星も山羊座に入ったので、今後も慎重に。