【文春砲】落語家・立川志らく氏の妻・酒井莉加氏と弟子に不適切関係が報じられる――志らく氏「離婚は1億%ない」

妻と弟子の不適切関係報道

落語家・立川志らく氏の妻と、弟子の不適切関係について文春が報じている。

 月曜から金曜まで情報番組「グッとラック!」の司会を務め、“TBSの朝の顔”となっている落語家の立川志らく(56)。志らくの妻で、19人の弟子を取り仕切る「おかみさん」の酒井莉加(38)が、弟子と不倫関係に陥っていることが、「週刊文春」の取材で分かった。

【出典元】立川志らく 元アイドル妻が弟子と自宅前で「わいせつ」行為/文春オンライン

これ本記事を読んだけど、かなり具体的で予想を上回ってた。

離婚は1億%ない

報道に対して、志らく氏はMCを務めるTV番組で「このことで夫婦の絆が壊れることもございません。離婚することも1億%ございません」と述べている。

志らく氏はバツイチで、一度目は大学在学中に結婚したとのこと。
その後離婚しており現在の妻は二人目。

妻・酒井莉加氏

その妻というのは酒井莉加氏で、志らく氏とは18才の年の差がある。

3才の頃から児童劇団に所属し、子役として活動していたとのこと。その後「Link Link Link」という3人組のアイドルグループで活動し、舞台女優へ進んだという。

2002年に志らく氏が監督した映画「SF小町」に、酒井氏が出演したことがきっかけで知り合い、2006年に結婚している。

足にはゴリゴリのタトゥーが。

相手は25才の弟子

志らく氏は劇団を主宰しているが、今回妻の相手として報道されたのは25才の弟子で、現在は劇団員として活動しているとのこと。

「彼は、志らく師匠に憧れて弟子入りしたが、演劇をやりたいと、落語家を“休業”し、今は劇団員として活動しています」

【出典元】同上

酒井氏も劇団で活動しており、そこでの仲が取り沙汰されているという。

本記事ではこの弟子も特定されているが、25才の1993年生まれなのでいかにもありそうなのと、しかも今は女性で問題が出そうな配置だった。

ホロスコープ

酒井莉加氏

まあ男性関係に注意なのは置いといて、こういう図の人は家にいて弟子を取り仕切る役目とか、なかなか難しいかもしれないね。

それよりも精神的なものに心配がないだろうか。
明らかに「あっ」とすぐ目につくポイントがあるし、また上に挙げたタトゥーなんかもそれを匂わせているような気がするのだが。

そういうことからして、もしかしたら志らく氏が「離婚は1億%ない」と言っているのは、この妻に対してフォローの意味があるのでは、というのは私の勝手な邪推だが。

相性を見ても、お互い個人を尊重するという感じで、ベタベタする関係ではないと思うので。志らく氏がベタベタするのは娘さん達なんだろう。