『100日後に死ぬワニ』に電通案件・ステマ疑惑が炎上、作者否定も「冷めた」の声

『100日後に死ぬワニ』

『100日後に死ぬワニ』が物議になってるけど。

そもそも話題になっていることさえ知らなかったのでニワカで調べた。
『100日後に死ぬワニ』はイラストレーターのきくちゆうき氏が、2019年12月12日よりSNSで毎日更新していた4コマ漫画で、3月20日に最終回の100日目を迎えたという。

一応ざっくり目を通したんだけど、100日後に死んでしまう設定のワニが、自分が死ぬことなど知る由もなく、バイトや恋愛、友達との他愛ない会話など、何気ない日常を送る様子を綴った内容。

ただし毎回「死ぬまであと○○日」と刻一刻カウントダウンしているのが何となく心情を煽り、読者もどんな結末が待っているのかヤキモキした気分で毎回読むことになる。

一方で「死」というものを全く感じさせない、ほのぼのとした雰囲気とヘタウマな作風というギャップ、そういうミスマッチ感が日に日に話題になっていきTVなどでも取り上げられ、ツイッターでは毎回10万以上のいいねを獲得し、最終回は200万以上のいいねが付いてる。

終わった直後にビジネス化

ところが最終回が終わった直後から、映画化・書籍化・グッズ化などが発表され、急激にビジネスの匂いが充満してきたことに、それまでこの作品に肯定的だった雰囲気に違和感が生じた。

まあこういうのは以前からよくある話だよね。ネットで話題になったものがその後ビジネスコンテンツ化するのは、あの「電車男」以来の潮流というか、逆に言えばそういうチャンスを狙っている人たちは常にいるのでは。

電通案件だった?

ただ今回騒動になっているのは、その裏に電通が絡んでいたのではという疑惑が発覚したこと。それにより「最初からその目的だったのか」と勘ぐられ、急に冷めたなどの声が出ているようだ。

これによりツイッターでは一時「電通案件」というワードがトレンド入りした。

ランサーズにも?

さらに、あのランサーズにも記事作成依頼があった事が発覚したようで、やはりステマではないか?と一気に燃え上ったもよう。

この依頼が『100日後に死ぬワニ』とどのような関係があるかは不明だが、こうしたことも結果的に火に油を注ぐ要因になってるもよう。

事実はわからないが、純粋に楽しんでいた読者がこうした疑惑によりギャップを感じるのはあるかなと。ほのぼのとしたワニくんの日常を描いた漫画の裏で、生き馬の目を抜くビジネス魂、という構図があったとするならば。(あくまで想像)

もちろん反響の中には「ステマであろうが100日間楽しませてもらったので満足」「作者にお金が入るのは何ら問題ない」などの好意的な声もあるのだが。

作者が否定も

こうした騒動に対して、作者のきくちゆうき氏と、コラボテーマ曲を作った「いきものがかり」の水野良樹氏が電通の関与を否定した。

しかし、これに対しても「電通は関係ないとしても用意周到すぎる」「どっちにしろやり方が失敗」などの声が上がっている。

さらに、こんなのも掘り起こされている。
『100日後に死ぬワニ』が、2020年1月16日に商標出願されている。

しかも権利者が作者本人ではなく「株式会社ベイシカ」という名義。このベイシカの取引先に「電通東日本」の名前があることも疑われている要因だという。

こういうのも、否定すると逆にどんどん疑惑が深まるスパイラルがあり、関係者が否定しても火消し効果があったかどうかは微妙という状態。

追悼グッズショップに行列ができているのもサクラ疑惑とまで疑われてしまっている。
それと追悼ショップ開店には、あらかじめ準備や段取りにそれなりの費用や日数や人的資源がかかると思うので、こういうことも用意周到だと思われてしまう要因かもしれない。

電通イメージ

いずれにしてもこういうのは、ビジネスがどうの・ステマがどうのということより、電通に対する世間のイメージを表しているというのも否定できないかもしれない。

あの過労自殺の件以来、電通に対するイメージは悪くなっている印象がある。またあの時に話題になった、電通4代目社長の吉田秀雄氏による「鬼十則」や「戦略十訓」などの電通イデオロギーが、この件でまた掘り起こされたりしているのだ。

占星術的には、2008年に冥王星が山羊座に入って以降、世の中で過剰なゴリ押しやブラック的な問題が取り沙汰されてきたが、それは山羊座特有のテーマだ。それは一時うまくいったとしても、いずれひっくり返される。
なぜなら冥王星だから。

ホロスコープ

『100日後に死ぬワニ』

『100日後に死ぬワニ』第一回目の図。

満月でスタートしてる。4-10の満月なので人気がでるのは分かる気がする。

しかも魚座15度の海王星がこれに絡んでて、これって時代に合った世俗的な要素=つまりゲームとかLINEとか雇用問題などを取り入れつつ、でもしょうがないやで落とすとか、教訓化する展開も表してる。そして最後のあの終わり方も。

ただ水星が気になるね。
今回の騒動もこの水星が暗示している感じだ。

電通王国

まあこの件に電通が絡んでいるのかわからないが、そもそも電通という組織を考えるに、いろんなものを巻き込んで多様な面から積極的に仕掛ける、みたいなのが電通のホロスコープの特徴なので、だからこそ今の電通王国みたいなのが出来上がったと思っているが。

追記

作者のきくちゆうき氏は、あらためて自分一人で始めたことを強調している。