Facebook・Google・Apple・キョードー東京で立て続けにシステム障害――冥王星とノードとの関連は?

2日間で大規模なシステム障害

昨日、ニュージーランド銃乱射事件について書いた記事で、いま冥王星がノードに近いことに触れたのだけど、そういえばここのところ、主要IT企業に立て続けにシステム障害が発生しているのはどうなんだろ、ってふと思った。

2019年3月13日に、GmailやGoogleドライブでシステムの障害が発生したそう。またGoogle Mapその他でも画像の読み込みが遅いなどの声があったという。

3月14日には、Facebook・Instagram・Messenger・WhatsAppでアクセス障害が発生している。

さらに同日、AppleのiCloudでも大規模なシステム障害が発生したという。

現在これらはいずれも復旧しているようだが、たった2日間でしかもGAFAのうち3つ(Google・Apple・Facebook)っていうアメリカを代表する巨大IT企業の障害が立て続けに起こったので、ハッカー攻撃などの陰謀説まで出回ったらしい。たしかに最近は中国のファーウェイ問題とか国家間のデリケートな問題もあるけど。

までも今回はハッカーの仕業というのは否定されている。

不気味なほど同じタイミング

そして日本でも3月15日夜から、キョードー東京のチケット販売サイトで不具合が生じ、翌朝からサービスが停止したようだ。こちらは個人情報が流出しているとの情報もあり、チケットを購入したい人に影響が出ているという。

今回はFacebookもGoogleもAppleも、いずれも内部的な原因だったようで、ただこれだけ大規模なシステム障害が同じタイミングで起こるっていうのは何か不気味な気がするよね。

いずれのケースも共通するのはネットというワードだし、ネットは個人と社会との接点でもあるので、ノードが絡むっていうのはなにか意味深だなあとか思ってて。

ノードと冥王星

そもそも冥王星とノードが重なるのってけっこうレアで、それこそ何年かに一度レベルだし、両方とも移動がゆっくりなので、しばらく影響が続く気がする。

で今ノードは蟹座・山羊座なので、どうしても集団とか人種とかタテ構造とか組織とか国家を巻き込んでっていうのがキーワードかなって思うので。

そういう視点でここのところの社会情勢とか見ていると、問題がいちいちデカくなってる気もするわけで、過剰に社会を巻き込んでいるっていう、ノード冥王星的な意味と符合する気がしないでもない。

過剰に社会を巻き込む

それで言えば、昨日のニュージーランドのモスクの銃乱射なんて、動画生配信とかエグ過ぎて、世界中に悲惨な映像が広まっちゃってて。しかも実行犯の一人がネットに上げていた声明(マニフェスト)で、白人至上主義の右翼ってことが判明してて、こういうのはもっとも蟹座・山羊座の範疇だと思うけど。

またエチオピア航空の墜落事故も単一の事故としてじゃなくて、結局その機種全般に絡む問題ひいては航空業界全般に発展したり、幼児虐待とかも社会問題化してるし、レオパレスとかコンビニの営業時間とか人工透析とか、様々な問題の波及が過剰傾向だったりしてるのかも。

あるいは芸能人一個人の不正が過去作品全部に影響するとか、マイケル・ジャクソンもそうじゃない、ラジオとかシンプソンズで禁止になったりしてて。韓国の芸能界なんていま一大スキャンダルで震撼してるし。かと思えばアメリカも、いま女優・セレブとか資産家とかが、自分の子供を賄賂を使って名門大学に裏口入学させたとかで50人くらいが訴追されてて、しばらく騒動が続きそう。

まあこうネガティブな話題ばっかりなのは、土星も絡んでるからっていうのもあると思うんだけど、いずれにしても世間もちょっとマヒしてるかもしれない。