イーロン・マスク氏がまた革新的な技術を開発、埋め込みチップで脳の問題を解決?

イーロン・マスク氏、脳に埋め込むチップを披露

イーロン・マスク氏がまた斬新なアイデアを実現化しようとしてて、自身が設立したニューラリンク社で開発している脳チップの進行状況を発表した。

先月マスク氏は、「8月28日にニューロンの発火をリアルタイムでお見せする」と予告ツイートをしていたが、この日行われたプレゼンテーションでは豚を使ってデモンストレーションし、脳の信号からデータを受信するデバイスの説明をした。

脳の問題解決に

デモではコイン大のチップを豚の鼻のニューロンに接続して、食べ物を食べたり匂いを嗅いだ時に信号を受信するという事を実際に示した。この豚はもう数ヶ月もインプラントされて生きているという。

今回のデバイスはリードオンリーだったようだが、今後は読み取りと書き込みができるようにし、また脳神経学的な問題に対応できることを目指すという。

このデバイスにより、記憶喪失、難聴、失明、麻痺、うつ病、不眠症、激痛、発作、不安、中毒、脳卒中、脳損傷などを解決できるようにするというもの。

手術ロボットも披露

この装置は取り外しが可能で、将来的にはBluetooth経由で携帯電話に接続したり、ワイヤレス充電ができるようにするという。心配されるプライバシーやセキュリティの問題についてはすでに想定されているといい、すべてのデータは暗号化され、ハッカーに対するガードも研究しているとのこと。

さらにインプラントを行う手術ロボットも披露、デモの手術はわずか30分で終了し、麻酔も不要、患者もその日のうちに退院できるという。

すでにFDA(米食品医薬局)と連携しており、FDAからは特別なデバイスの指定を受け、必要な承認を待ってから人間への移植に向けて準備をするとのこと。

ハッタリ屋か、カリスマか

ついにリアルターミネーターの時代が来るのか?

米経済誌フォーブズによると、リアルタイム世界長者番付でマスク氏は資産1000億ドルを突破したという。彼の経営するテスラ社の時価総額は7月の時点でトヨタ自動車を抜いて自動車業界のトップになっている。ただAmazonのジェフ・ベゾス氏の資産と比べるとまだ半分。

テスラのEV、スペースXの宇宙事業、ハイパーループ構想、そしてニューラリンク・・・果たしてマスク氏はハッタリ屋か、カリスマか。

海外には熱狂的なマスク氏のファンがゴロゴロ居るが。

以前から私は講座で、マスク氏の「夢実現能力」について言及しているが、いずれにしても次の水瓶座冥王星時代をリードする人なんだろう。

イーロン・マスク氏「家売る」「株価高い」ツイートでひと騒動――常に人の理解超える理由

2020年5月5日