戒厳令、パウエル弁護士特別顧問、投票機押収――側近たちが反発と報道、トランプ氏「フェイクだ」

戒厳令

さて前からザワザワしているけど、ここにきてさらに輪をかけてザワザワしていている。というのもメディアが戒厳令について報じ始めており、出るの出ないのの騒ぎになってる。

トランプ陣営の動きについてはネガティブな内容しか取り上げないメディアも、この話題だけは敏感みたいで一斉に報じている。

これらのメディアが報じているところによると、トランプ大統領は現地12月18日金曜に、シドニー・パウエル弁護士、マイケル・フリン元国家安全保障顧問、マーク・メドウズ参謀長、その他の顧問らとともに会議をしたようだ。

その席上で戒厳令について議論されたと伝えている。

トランプ氏は「フェイクニュースだ」

メディアが伝えているところによると、この案を採用したかどうかについては明らかになっていないが、顧問たちは反発したとしている。議論はヒートアップし、最終的に内部分裂が生じたと報じているが、どうなのか。

その後トランプ大統領はツイッターで「戒厳令=フェイクニュースだ。わかってて悪い報道を流してる。」とツイートした。

これをどう受け取るか――戒厳令そのものがフェイクと言っているのか、それとも反発されたと報道しているのがフェイクと言っているのか。

いずれにしても報道通りに受け取るな、というトランプ氏のメッセージの匂いがしないでもないので、今後の成り行きを見ていくしかないかなと。

パウエル弁護士を特別顧問に

またこの会議上ではパウエル弁護士を、選挙捜査の特別顧問にする案が提案されたというが、弁護士パット・チポロン氏やマーク・メドウズ氏らが反発したと伝えられている。

POLITICOの記事によると、もしこれを実現させるためには司法長官の同意が必要になるらしいが、バー司法長官は23日で退任が決まっている。そうなると後任のジェフリー・ローゼン司法長官代理の判断になる。

また同記事では、トランプ氏は司法省の同意なしに指名することもできるが、その場合は強制できる権限などが限定されてしまうと書いている。

さらに別の話として、ジュリアーニ弁護士が、国土安全保障省のケン・クッチネリ副長官に投票機の押収を依頼したと言うが、国土安全保障省にその権限はないと断られたという。

いずれにしてもトランプ氏側近たちが反発して、一枚岩でないことを伝えている。

最後に

まあこれらの報道を額面通りに受け取っていいのかどうかは、注意してみた方がいいかも。たぶん反トランプ派にしてみれば戒厳令は避けたいはずなので。

ただトランプ氏は1月6日にワシントンDCの集会についてツイートしているので、だとすると戒厳令はどうなのかなっていう気がしないでもない。

ところでメ○ン州で何かあった?

『やはり事実?』パウエル弁護士「私は大統領側近たちからブロックされている」――ホワイトハウス出禁状態か

2020年12月23日

『トランプ反撃体制か』シポロン顧問解任はデマ?、タベルヴィル上院議員、ジュリアーニ弁護士の疑問

2020年12月22日

大統領選問題の報告書発表、国防総省はバイデン移行チームへの協力中止、土星に続き木星が水瓶座入り

2020年12月19日

『最高裁にリーク?』Googleが米38州から提訴、トランプ氏は最高裁に失望、パウエル弁護士の2州提訴は最高裁受理も・・・

2020年12月18日

『土星が水瓶座入り』ラトクリフ長官報告書は年明けと報道、FBの不正資金提供を告発、マコーネル疑惑など

2020年12月17日

『いったい何が起こってる?』ペンタゴンがネット緊急シャットダウン、CISAがセキュリティ緊急指令、Googleは大規模障害

2020年12月16日

バー司法長官が辞任、投票機の検査結果、選挙人投票、そして今週いよいよ土星と木星が水瓶座に

2020年12月15日

あの国の党員リストが流出、ワクチン開発・防衛関連・銀行などに党員を配属か――機密情報の危機?

2020年12月14日

12月14日選挙人投票日は皆既日食、ホロスコープの不思議なめぐり合わせ

2020年12月13日

『ますます混迷か』テキサス州の4州提訴は最高裁が棄却も、すぐさま反発声明「連合を作る」?

2020年12月12日

『今後の米国は?』選挙問題が起こるべくして起こったと思うワケ――米国・米民主党・ホロスコープ分析

2020年12月11日

『速報!』CIAとペンタゴン、決別か?――1月5日までに軍事支援を撤収とABCが報道

2020年12月10日

『とうとう出た!』バイデン息子が捜査、トランプ&ペンスがバイデン&ハリスを個人提訴――歴史に残る展開

2020年12月10日

『大統領選に急展開!』ペンシルベニア州敗訴は一部誤り、テキサス州が4州を最高裁提訴――風雲急を告げるの巻

2020年12月9日

まさか2021年は○争?英が空母派遣、独・仏も準備か、米は中国に制裁、高まる懸念――12月の天体の動きに注目

2020年12月8日
※山羊座時代から水瓶座時代へと変わる過渡期です。今後、世の中の流れが変わっていきます。 そんな中で自分のホロスコープはどうなのか、鑑定・ご相談など受け賜っております。
詳しくは→こちら