ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げ、水瓶座時代への序章(ホロスコープ考)

ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡が打ち上げに成功

現地2021年12月25日、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)がフランス領ギアナにあるギアナ宇宙センターから打ち上げられました。

この名称はアポロ計画の基礎を築いた第2代NASA長官ジェームズ・ウェッブ氏にちなんで付けられており、通称「Webb」と呼ばれています。下で書きますがこの命名には批判も出ています。

Webbは天文学に新たな発見をもたらすことが期待されています。これから訪れる水瓶座時代のイントロとなるものでしょう。

打ち上げのホロスコープ

打ち上げられたときの東の地平線(AC)には山羊座が上昇しており、そのルーラーの土星は水瓶座11度(数え12度)にあって、地球という狭いローカルな価値観にとらわれず、これまで不明だった大宇宙の謎を客観的に解明しようとするものであることが表されています。

土星は牡牛座の天王星と11度同士のタイトなスクエアを形成しています。天王星は水瓶座の主星であり、水瓶座も天王星もずばり宇宙や天文学を示すものですから、この配置はポイントになるかと思います。

どのサインも11度は「未知への探求」ですから、この望遠鏡がこれまで謎だった宇宙科学を解明するというエネルギーを持っていることが暗示されています。

それは水瓶座と牡牛座の間でぶつかり合うエネルギーで、現在地球上で展開されている未知のウィルスと化学の戦いにも形容されるものであり、地球にいる我々人類が、これまで知られていなかった宇宙の謎と戦って証明しようとすることにつながると思われます。

牡牛座の天王星は、この望遠鏡が斬新で画期的な創造物であることを示しています。ただメカトラブルや費用の問題がちょっと心配ですが。

ちなみにヘリオセントリックでは14度同士(数え15度)のアスペクトになっており、地球レベルでは未知の解明であるものの、太陽系的な視点からするとまだまだ限界があることを示しています。

いずれにしても天王星はまだしばらく牡牛座に居続けますから、今後も画期的な製品が世にデビューする世の中になるでしょう。

太陽は文字通り公の目的のために打ち上げられた事を示しており、またこの望遠鏡がNASA単独ではなく、欧州宇宙機関(ESA)、カナダ宇宙庁(CSA)との共同で開発されたことを示していて、さらに今後も各国の共同研究の糧になることと思われます。プラスアルファとして、太陽は水瓶座の木星とサイン違いの60度になっている事もこの意味をフォローしています。

木星は水瓶座の最終度数であり、忖度や偏見や拘りなどの客観的な視点を邪魔する要素を排除して、普遍的な境地を確立することで発展することが示されます。

なかなかふさわしいホロスコープだと思いました。

延び延びになっていた

Webbは1996年に開発が開始され、2011年に打ち上げが予定されていましたが、開発に遅れが出ていました。

2016年には組み立てが終了して2018年の打ち上げが予定されましたが、各機器の調整に時間がかかり、実際の完成は2019年8月でした。その後も不具合が見つかったりして、延び延びになっています。

それにつれて予算もオーバーし、約100億ドル(1兆円以上)がつぎ込まれたといいます。

宇宙空間に達し、ロケット本体(アリアン5ロケット)から切り離しが成功すると、拍手と歓声が沸き起こりました。

今後は地球から160万km(月と地球の約4倍の距離)を移動しながら、反射板や観測機器の調整をしていき、半年後の運用開始を目指すとしています。NASAの担当エンジニアによると、Webbの運用はこれまでで最も複雑な宇宙活動だと述べています。

ハッブル宇宙望遠鏡の100倍の性能

Webbはハッブル宇宙望遠鏡の100倍の性能を持つとされています。性能の主軸となるのはベリリウムを主体とした幅約6.5mのゴールドの反射鏡で、ハッブル望遠鏡のものと比べて約3倍の面積を持ちます。

この大きくなった反射鏡と、4つの超高感度観測装置により、これまで以上にディープ=つまり時間をさかのぼった観測ができ、天文学に革命をもたらすことが期待されています。これまで人類が見たこともない宇宙の姿を見せてくれるといいます。

命名への批判

上に書きましたが、この宇宙望遠鏡にジェームズ・ウェッブ氏の名前を付けたことには批判の声も上がりました。

今年3月に、ウェッブ氏が1950~1960年代にかけて国務省主導によるLGBTQ+の職員の粛正に加担したと主張する記事が、サイエンティフィック・アメリカン誌に掲載されました。

記事では、ウェッブ氏がNASAに在職する前の国務次官だったときに、ハリー・トルーマン大統領とこの政策の実行について話し合ったとされる公文書を引き合いに出しました。

さらに1969年の裁判資料によると、NASAが職員のセクシュアリティ(性的指向)を尋問し、少なくとも1名を解雇していることが判明しました。このときNASA長官だったのはウェッブ氏でした。

これにより科学者を含む1,000人以上が、宇宙望遠鏡の名前を変更する嘆願書に署名しました。

これを受けてNASAは調査を行い、ビル・ネルソン長官が「現時点でジェームズ・ウッズ宇宙望遠鏡の名称を変更する根拠となる証拠を見出していない」として、名称を変更しないことを決定しています。

人類の未知への挑戦

興味深いことに、打ち上げ時に海王星がアンチヴァーテクスに重なっており、この打ち上げがこれまで謎とされてきたものを要求されていることがわかります。

海王星は魚座20度(数え21度)で、目に見える現実社会とはかけ離れているものを意味します。この宇宙望遠鏡が、人類の夢を背負ってその架け橋になることを期待したいです。

ではこの辺で失礼します。