イーロン・マスクの買収に対抗してツイッター社は乗っ取り防止策「ポイズン・ピル」を発表、マスクはパートナーを模索か

ツイッター社が乗っ取り防止策「ポイズン・ピル」を発表

さてイーロン・マスク氏がツイッター社の全株式を一株あたり54.20ドルで購入するというオファーに対抗して、同社は「ポイズン・ピル(毒薬)」=乗っ取り防止策を発表しました。

ツイッター社の取締役会は現地4月15日に、マスク氏以外の株主が割引価格(半値)でツイ社の株を追加購入できるという株主権利のプランの創設を全会一致で決議しています。これは敵対的買収を防ぐ対策としては「ありがち」とのこと。

このプランは、マスク氏やその他の投資家がツイッター社の株式を15%以上取得した場合に発動するものだという。2023年4月14日まで有効としています。

マスク「株主の利益に反すれば、取締役会は巨大な責任を負う」

このポイズン・ピルが検討されていると報じられたとき、マスク氏はツイッターで「もし、現在のTwitterの取締役会が株主の利益に反する行動をとれば、受託者責任に違反することになる。その結果、彼らが負う責任は巨大な規模になるだろう。」と投稿しています。

これについては原則、ツイッター社は株主によって所有されているものであり、取締役会のものではないので、取締役会は株主に損をさせない方法で運営しなければならないという。

もしマスク氏の買い取りオファーが株主にとって有益なのにも関わらず、取締役会が蹴ったということになれば、それは法的義務に触れる可能性があるようです。

実際にツイッター社の株価は、現地14日時点でマスク氏のオファー額54.20ドルをはるかに下回っています。

現在ツイッター社はゴールドマン・サックスとJPモルガン・チェースのアドバイスを受けているといい、一方マスク氏にはモルガン・スタンレーがアドバイザーに付いているとのことです。

マスクは投資パートナーと話し合っている?

昨日の記事で触れたように、買収が成功しなかった場合にマスク氏は「プランB」があると言及していました。

これについて現在マスク氏は、投資パートナーと話をしていると報じられています。

あくまで関係者の話なので確実かどうかは不明ですが、マスク氏はパートナーを含む新たな計画について、数日以内に発表する可能性があると伝えられています。

その中で可能性のあるパートナーとして「シルバーレイク・パートナーズ」の名前が挙がっています。シルバーレイクの共同CEOイーゴン・ダーバン氏はツイッターの取締役で、2018年にテスラ社の非公開化を計画していた際にマスク氏と組んでいたといわれています。ちなみにこのときの計画は失敗しました。

現在シルバーレイクはこの件についてコメントを控えているという。またマスク氏の広報担当もコメントをしていません。

いずれにしてもこの買収劇、今後どのような展開を見せるのか注目です。