【ツイッター社リーク二の矢!】ツイッター幹部「イーロン・マスクはアスペルガーだ」――ツイッター社は5名の上級幹部が退職の事態に

イーロン・マスクは精神異常者でアスペルガー

プロジェクト・ベリタスが二の矢を放ちました。

先日、ツイッター上級エンジニアのシル・ムルゲサン氏の潜入取材リークを取り上げたばかりですが。

【ツイッター社リーク!】上級エンジニア「イーロンは言論の自由を信じてるが、我々は共産主義者みたいなものだ」

2022年5月17日

前日に引き続き、プロジェクト・ベリタスはツイッター社のリード・クライアント・パートナーのアレックス・マルチネス氏に潜入取材を行った動画をリークしました。

マルチネス氏は

「イーロン・マスクは人としてどうなんだろう。彼は精神異常者であり、アスペルガーだ。」

「だから彼は特殊なんだ。我々はみんなそれを知っている。だからそれはいい。だからここでは、彼が特殊だからと言って、誰もファッ○ング・クレ○ジーなことは言わないよ。」

動画を見ると、ノリノリで喋ってます。

会社の利益よりもイデオロギー

またマルチネス氏は、会社の利益よりもイデオロギーが優先されていることを暴露しました。

「今、我々は利益を上げていない。だからイデオロギーというと、それが我々を利益が挙げられない状態に導いたと言える。」

「イーロンはそれを逆転させて、我々が利益を上げられるようにしたいんだ。」

平気で利益が上がらないのをイデオロギーのせいにしてますが。

さらにマスク氏の改革についてはスタッフの反発を示唆し、言論の自由については明確に否定しています。

「彼(マスク氏)はそうしようとするかもしれないが、みんながいる。ここに残っている我々は、地球にとって良いものを信じているのであって、人々に言論の自由を与えているわけではないよ」

面白話

面白いのは、プロジェクト・ベリタスの潜入記者が、「いまプロジェクト・ベリタスのようなグループが活動してるけど、あれは一体何?」とシレっと聞いていることです。

マルチネス氏は「従業員と仲良くなって、ニューヨークタイムズに売って、”これはツイッターの社員が言ったことです”って言うんだよ」と言い

「(あなたとは)有機的に出会えてよかったよ。でなきゃ、あなたを問いただしていただろう。」

とっくに騙されてますけど笑

イーロン・マスクの反応

マスク氏はこれらの動画を見ており、ツイッターで反応しています。

1人目のシル・ムルゲサン氏のリーク動画について「これって本物なの?」と投稿しました。工作か捏造を疑ったのかもしれません。

しかしこれが事実であることを認めているツイッター社の社内メールがリークされています。

また2人目のアレックス・マルチネス氏の動画についてマスク氏は「ツイッターの幹部が言論の自由を捨てて、アスペルガーの人たちを馬鹿にしている・・・」とツイート。

先週に続いて上級幹部3名が退職

プロジェクト・ベリタスによる潜入取材のリーク動画が公開され、ツイッター社は副社長2人を含む3人の上級幹部が退社しました。

ブルームバーグが入手したツイッター社内メモによると、製品管理担当副社長のイリヤ・ブラウン氏、サービス担当副社長のカトリーナ・レーン氏、データサイエンス担当のマックス・シュメイザー氏の3名が退社することになったという。3名とも自ら辞職しているとのこと。

すでに先週、収益・製品責任者のブルース・ファルク氏、ゼネラルマネージャーのケイボン・ベイクプール氏が解雇されたばかりです。

gdgdですね。

多数の偽アカウントが判明

その他にも、ツイッター社のネガティブな情報が出ています。

先ごろマスク氏が偽アカウントについて疑問を示した際、ツイッター社は証券取引委員会(SEC)に提出した書類の中で、偽アカウントはユーザーの5%未満であると報告していました。

ところがこのたびソフトウェア会社「SparkToro」社が提供している監査ツールによると、ジョー・バイデン大統領のアカウントのフォロワーのうち、ほぼ半数が偽アカウントであることが明らかになっています。

このツールは位置情報、デフォルトのプロフィール画像、新規ユーザーなどさまざまな要因から分析し、バイデン大統領のフォロワー2,220万人のうち、49.3%が偽フォロワーだということを突き止めました。

またマスク氏のフォロワー9,330万人以上のうち、70.2%が偽アカウントだとしています。

マスク氏はツイッターアカウントのうち20%が偽アカウントの疑いがあると主張しており、それが証明されるまで買収をいったん保留したとツイートしていました。

SECに嘘の報告をするのは御法度だと言われており、もしそれが判明すれば摘発される可能性があるといいます。まあ投資家や株主を欺いたことにもなりますからね。

アグラワルCEOは否定

偽アカウントについてツイッター社のパラグ・アグラワルCEOは「我々は毎日50万以上のスパムアカウントを停止しており、通常はみなさんが目にする前に停止している」などと説明しました。

アグラワルCEOのスレッドは長々と続きましたが、これに対してマスク氏はうんこマークを返信しています。

ただその後「では、広告主は自分たちがお金を払って何を得ているのかどうやって知るのか?これはツイッターの財務的健全性の基本だ。」と投稿しています。

ツイッターは必死か?

にしてもツイッターは急に幹部5名を切って慌ただしさが伝わってきますね。何かを隠そうとでもしているのかわからないけど。

そういえばアグラワルCEOの偽アカウントに関する弁明も長いし回りくどいし、今になって必死に言い訳しようとしているようにみえなくもない。

一方マスク氏は反応から察するに、ツイッターの極左化が思った以上にエグいなという感じがあるかもしれないですが。また偽アカウントの数については「興味深い」と反応してますので、これからも追求が続くような気がします。

まだちょっとこの買収は目が離せないです。

いずれにしても、予想した通りリーク時代が本格化してます。