ツイッター社買収はまだ完了ではない、10億ドルを払えば破棄可能、買収後に保守派のフォロワー急増の不思議、シャドウバンか?

まだ買収は完了していない

イーロン・マスク氏のツイッター買収は完全に成立したわけではなく、契約を破棄するオプションがあるようです。

もしツイッター社がなんらかの事情で買収契約を解消する場合、マスク氏に10億ドルを支払う事で取引を破棄できるオプション条項があるという。

米証券取引委員会(SEC)に提出された文書によると、2022年10月24日までに取引が終了しなかった場合、あるいは株主が採択しなかった場合、取引を破棄することが出来るようになっているという。

例えばツイッター社にマスク氏よりも有利な買収オファーがあった場合は、取引を破棄することが出来ます。その際、マスク氏に10億ドルを支払わなければならない。

逆にマスク氏が何らかの理由で契約を破棄した場合は、ツイッター社に10億ドルを支払う事になります。

保守派アカウントのフォロワーが急増の不思議

昨日の記事で、ツイッターの左派のアカウントのフォロワーが減少している事を書きましたが、それとは逆に保守派のフォロワーが増加していると報じられています。

マスク氏がツイッターを買収したことが報じられた後から、保守派の著名なアカウントのフォロワーが急増していることが明らかになりました。

例えばトランプ氏の息子ドナルド・トランプ・ジュニア氏は、1日平均で約7,000人のフォロワーが増え、4月27日朝までに11万9千人のフォロワーが増えたようです。

フロリダ州のロン・デサンティス州知事は、ここ数日でフォロワーが20万人以上急増したとのこと。アカウントが復活したFOXニュースのタッカー・カールソン氏は14万人以上のフォロワーを獲得しました。

保守系ラジオの司会者ダナ・レッシュ氏は22,000人、共和党のマット・ゲーツ議員は61,000人、テッド・クルーズ議員は11万2千人、マジョリー・テイラー・グリーン議員は13万人と、それぞれここ数日でフォロワーが急増していると伝えられています。

逆にカマラ・ハリス副大統領は2万8千人減少、極左で有名なAOCことアレクサンドリア・オカシオ・コルテス民主党議員は3万8千人減少、ヒラリー・クリントン氏は21,000人減少しているようです。

何かを隠蔽しようと画策か?

マスク氏の買収は保守派にとってグッドニュースとは言え、たった数日でここまでフォロワーが急増するのは奇妙な現象です。

これは単なるボット撲滅だけではない可能性があります。トランプ・ジュニア氏は、何かの規制が外れたのではと推測しています。

87,000人もの新しいフォロワーを受けるに値するのはすごいことだ。これは誰かが私のアカウントから足かせを外したように思える。

新しい経営陣が入って来る前に、証拠隠滅をしようとしてるのか?

つまりシャドウバンなどの手法によって、今までフォロワーが増えない(見えない?)ように措置されていたということですかね。

マスク氏が入ってくるとそれがバレる(マスク氏はもともとプログラマー)ので、この数日で急いで解除した、という可能性があると言うことか・・・わからんけど。

マスク氏に調査を求める書簡

26日にジョシュ・ホーリー上院議員が、シャドウバンなどを調査するよう求める書簡をマスク氏に送っています。同時に、ハンター・バイデンのラップトップ報道を意図的に抑えたのは誰か?という内容も含まれています。

「ここにイーロン・マスクへのアイデアがあります。ツイッターが誰を裏で凍結したか、誰を押さえつけたか、ハンター・バイデンのラップトップ報道に関してとんでもない検閲の責任が誰にあるのか、記録を公開してください。すべてを公にしてください。」

1つ前の記事で書きましたが、ハンター・バイデンのラップトップ記事をブロックしたのはツイッター法務責任者のビジャヤ・ガッデ氏が関わっていたと言われています。

もしツイッターが意図的にフォロワー数などもコントロールしていたとしたら、もはやそれは公平なプラットフォームとは言えず、一方的な政治的思想を持ったただのプロパガンダ機関と言えるのでは。

【ツイッターの闇】トランプアカウント凍結やハンター・バイデンのラップトップ記事をブロックした人物が話題

2022年4月28日