幻冬舎の見城徹社長、木原官房副長官にさらなる爆弾投下が止まらない――「小池百合○よりひどい」

首相官邸, CC BY 4.0, ウィキメディア・コモンズ経由で

見城社長「本当に不愉快」

幻冬舎の見城徹社長の、木原誠二内閣官房副長官に対する辛辣な意見が続いています。

8月5日にSNS「755」で木原氏について”ガーシーという人が言っている通りだ”とし、「人として終わってると思う」と投稿した事に続き、2021年12月に木原氏と初めて会った時の詳しいディテールを述べています。

見城氏はこの時の気持ちを

本当に不愉快な気持ちになった。「礼儀」とか「仁義」や「筋」というものが全くない人で、その上、傲慢だった。行くんじゃなかったと激しく後悔し、自己嫌悪に陥った。

と表現しました。

また上の投稿の中で、木原氏が携帯電話を紛失したと翌日大騒ぎになったというくだりについて、以下のようにコメントしています。

755より

内閣官房にいる人物が、泥酔して携帯電話を紛失するというのはやらかしてますね。

小池百○子よりひどい

それだけでなく、8月6日夜に見城氏は編集者の箕輪厚介氏のYoutube生配信に電話で参加しました。このときも木原誠二内閣官房副長官について毒づいており、非常に興味深かったです。

「小池○合子よりひどい。ホントに嫌いな政治家は小○百合子だけど、○池百合子より嫌い。」

「誠実じゃないし真心がないし仁義がないし、もういいやと思って755に書いた」

「コロナで三密が叫ばれてるときに、ふつう女の子達と行かないでしょう。歌唄って泥酔してるんだから。」

「携帯電話を紛失したことも、政治家としてダメでしょう。」

「政界にも政界回りにもいっぱい知り合いがいるが、木原誠二の悪口はものすごく入ってくる。」

そして

「この人は国民の税金で報酬を得ているんだから、やっぱり国民は知る権利がある。だからちゃんと感じたことを言っておこうと。」

「これだけガーシーっていう人が影響力を持っているっていうのは、やっぱり彼がやっていることに何かの本質がちゃんとある。」

その後、ガーシー(東谷義和氏)も電話で出演し、見城氏のことを「さすがやな」「サムライですよ」と絶賛し、そして自分のことも含め「一本ネジが飛んでる」と自虐的に話していました。

オレはこうしか生きられない

見城氏は「オレはこうしか生きられないから、それで受ける風圧は、全部自分で受ける」と言ってるように、言いたいことは言っちゃう人なんだろうなっていう印象です。

ホロスコープを見てもガッチガチで寛容性のないところがあり、そういうところが辛辣でシビアな意見を言わせると思います。

そういえば見城氏は以前、ツイッターで発言したことが問題になりアカウントを閉鎖しています。この時も口に出してはいけない「業界のタブー」とされている事を思わず発言してしまったため、閉鎖せざるをなかったという流れだったかと。

ツイッターが使えなくなった今、だから755なんていうSNS使って発信してるんでしょうけど。

【炎上】幻冬舎・見城徹社長が実売部数晒しでツイッター終了宣言――幻冬舎のホロスコープ見た

2019年5月20日

ガーシーは三○谷氏のネタを投下

蛇足になりますが、箕輪厚介氏の生配信中にガーシーはまた三○谷さんのネタを投下しましたね。

なんでも、楽○が所有している台湾の野球チームのチアガールに手を・・・っていうタレコミがガーシーの元に複数入っているとのことです。ゆえに「台湾からも嫌われている」という。

これが事実だとしたらウクライナといい台湾といい、偶然かもしれませんがいま世界中から同情されてる国ばかりをターゲットにしてるっていうのが興味深いです。これ人権団体からしたらどうなんだろう。三○谷さん、なかなか引きが強いです。

またヴィッセル神戸の選手からもいろいろ聞いているとか。

ガーシーは、いま被害者の女性らをドバイに呼んで匿っていると言っています。中には木原氏関連の女性もいるという。まあ確かに暴露する女性には身の危険がありますから賢明かもしれません。

そうした被害者達をサロンに出演させると言っており、事実だとしたらなかなかの爆弾になりそうですが。

前にも書きましたが、不適切な権力者や政治家を暴露することも、議員の仕事としてあっていいと思います。どういうからくりがあるのかわかりませんが、大手マスコミがやりませんから。そして何もしないで国民の税金をもらってる議員よりははるかにましです。

いずれにしても個人的にはこの生配信は非常に面白かったです。BANされるかもしれませんけど笑。

ドバイのゴールデンビザ

ちなみに今ガーシーは「ゴールデンビザ」というのを取得しているらしく、ドバイでこれを持っている日本人は3~4人しかいないという。

ガーシーいわくゴールデンビザは「ほぼ永住権」に近いビザだといい、何かあったらアラブ諸国が守ってくれるスーパービザみたいです。なかなか取得できないものなんでしょうが、人脈などが繋がって審査に通ったという。

ガーシーが叩かれても叩かれてもこのような救いがあるのは、彼のホロスコープを見ると理解できます。もちろん普通の人なら難しいでしょう。

逆に彼を潰そうとしている人は、なかなかタフな戦いになるということかもしれません。

※ホロスコープ鑑定・ご相談など受け付けております。詳しくは→こちら