【炎上】幻冬舎・見城徹社長が実売部数晒しでツイッター終了宣言――幻冬舎のホロスコープ見た

津原泰水氏と幻冬舎の問題は、幻冬舎社長・見城徹氏のツイッター終了宣言で一応収束したのかな。まだまだ余波ありそうだけど。

もちろん業界の慣習みたいのは知らないけど、これまでだいたいの出版物は発行部数ベースだった。それが今回は出版社の経営者自らが実売部数を晒しちゃって、結果、他の作家さんからこれだけブーイングが起こったところを見ると、だいぶ波紋というか業界タブーみたいなのを犯したのは間違いないだろう。

けっきょく見城氏は謝罪し、ツイッターもやめて、755もやめて、AbemaTVの冠番組『徹の部屋』も終了って話だそう。ただこれを書いている現時点でアカウントは削除してないみたいだけど。。

幻冬舎

いずれにしてもこの件で、見城氏自らはもとより、幻冬舎自体の評判もずいぶん下げてしまったもよう。まあ幻冬舎は1993年設立なので、今のタイミングでは問題が大きくなるのは、占星術的には「でしょうね」って話なんだけど。

幻冬舎のホロスコープは蠍座に天体が5つあるので、けっこう○○○○い事やりそうな気がする。それはそれで組織としての個性なんだけど。

これだと、確かに蠍座特有の偏りみたいな感じは出るかもしれない。今回の件こそ、津原泰水氏より百田尚樹氏のが売れてるし!ってやっちゃったわけなので。

までも今は山羊座の土星・冥王星なので、もしかしたら業界のあり方というか慣習が変えられようとする前兆かもしれないし。でないと出版業界厳しいだろうから。

ま今後の成り行きに注目って感じで。