また安倍チルドレン「魔の二回生」による騒動――豊田真友子議員の秘書に対する暴言がハンパない件

加計学園問題で支持率低下が著しい安倍政権だが、また新たな騒動が勃発した。内閣府大臣政務官(東京オリンピック・パラリンピック競技大会担当)、文部科学大臣政務官、復興大臣政務官を務める豊田真由子衆議院議員による、秘書への暴言と暴行が報道された。

想像を絶する罵詈雑言のオンパレード

豊田氏は、桜蔭高校→東大法学部→厚生省→ハーバード大学院という輝かしい経歴を持つ才媛だそうだけど、今回暴行を受けた秘書の録音による音声データの中身は、想像を絶するアナーキーさで、これまで彼女が積み重ねてきた輝かしいキャリアなど簡単に吹っ飛ぶくらいの破壊力だった。

「この、ハゲーーーーーっ!」

と、いきなりのスクリーミングから始まる音声は、“最近、どうも疲れてて気分がアガらないんだよね~”とお疲れの貴兄に、あたかも即効性のドラッグかのようなコーフンをもたらしてくれるかもしれない。

「お前が受けてる痛みが何だ! アタシが受けてる痛みがどれくらいか お前分かるかこの野郎!」
「これ以上私の評判を下げるな!」
「私の心を傷つけるな!」
「これ以上私の支持者を怒らせるな!」

とラップ調?もしかして韻踏んでる?くらいな名調子でまくしたてていく。

そして

「×××(おそらく秘書の名前)の娘が顔がグシャグシャになって 頭が脳ミソ飛び出て車にひき殺されても そんなつもりなかったんです~で 済むと思ってんなら同じこと言い続けろ~」
「それも一つの仕事にもなってない~」
「頭がグチャグチャになってひき殺されてみろ!」
「そんなつもりはありませんでしたって犯人に言われてみろ!」

(※これらの音声データはいずれも、youtubeなどにたくさんアップされている)

この一連の台詞は、国民全員を一瞬にして敵に回すのには十分すぎるほどの殺傷力を持つ言葉かもしれない。実際、彼女のTwitterアカウントには批判が殺到している。
実際この秘書には20才以上になる娘がいたそうだし、豊田氏自身、5才と3才の子を持つ母親だという。

一説によると豊田氏は、これまで秘書が100人も辞めたというが、実際このような暴言を吐かれたとしたら、辞めるくらいで済めばむしろラッキーだったのではないか。普通ならPTSDになって相手から訴えられても何ら不思議ではない気がするのだが。

安倍チルドレン「魔の二回生」

ニュースなどによると、豊田氏はこの報道を受けて自民党に離党届を出したそうだが、ともかく「魔の二回生」と呼ばれる安倍チルドレン議員たちの不祥事は後を絶たない。

  • 路上でキス→門博文議員&中川郁子議員
  • 未公開株をめぐる金銭トラブル&未成年男性買春疑惑→武藤貴也議員
  • 妻の妊娠中に不倫発覚で議員辞職→宮崎謙介氏
  • 被災地をおんぶされながら視察→務台俊介議員
  • 重婚&ストーカー騒動で自民党離党→中川俊直議員

など枚挙に暇がない。

安倍政権下で2012年に初当選したこれらの議員たちは、当時の政権の持つ圧倒的な支持力をバックに急増員されたため、国会議員に必要な資質に欠いている、とのそしりを受けても仕方がないほどの体たらくぶりを、これまで露呈し続けている。

以前、元議員の杉村太蔵氏が「当選の花がついた瞬間から“タイゾー”から“先生”になり、一日にして変わった」と言っていたが、まさしく人間が急に権力を得ると、とたんに舞い上がり勘違いするというのを、政権与党に限らず、全ての政党の今後の教訓にしてもらいたいものだが・・・。

豊田真友子氏のホロスコープ

 

豊田真友子氏:ホロスコープ

豊田真友子氏:ホロスコープ

豊田真友子氏のホロスコープはこのような配置だが、誰が見ても明らかに天秤座がオーバーロードしている。
こうした配置だと、良くも悪くも人間関係に反映しやすく、なにかしら問題が出る時はたいてい人間関係が原因になることになる。しかも今は、彼女にとってタイミングが非常によろしくない――問題が噴出しやすく、しかもそれはネガティブに影響する。

それと、ハウスがわからないので断言はできないが、この人の場合、これまで周囲の人間に巻き込まれる経験をしてきたのではないかと思うので、その分余計過剰になってしまうということが想像できる。

いずれにしても今回の事態は、豊田氏は脇が甘かったと言わざるをえない――と言うほど現在のホロスコープ状態は厳しい。こんなにハードでネガティブな配置になっているのに、あのようなパワハラをし続けていたら、身の破滅を自ら招いてしまう。

ホロスコープという信号機

ホロスコープというのはある意味で信号機だ。

現在は自分にとって青サインなのか、イエローサインなのか、レッドサインなのかを計り知る事ができるツールなのだ。豊田氏のように明らかにレッドサインのタイミングなのに、やりたいようにやっていたら、それはブーメラン不可避――自ら落とし穴にハマるようなものだ。

青サインの時に何をするべきか、イエローサインの時にはどうか、レッドサインの時は・・・。

タイミングの見極めを間違えると、人生取り返しの付かないことになる。

※ついでに・・・この豊田氏のように天秤座に冥王星を持つ世代は、実は安倍政権に迷惑をかけやすいのだけど。