貴ノ岩が付け人に暴行――いま1988~1990年生まれが注目なワケとは

image

貴ノ岩の暴行が話題。冬巡業で訪れていた福岡で、付け人に対して暴力をはたらいたことが明らかになった。付け人が忘れ物の言い訳をした事に激昂して、顔を4~5発殴ったという。

相変わらずな相撲界の暴行問題

貴ノ岩は日馬富士暴行事件の時は被害者だったのに、今度は加害者ってことで報道にひと味プラスされてて、なんか事件に隠し味的テーマが加わるとやっぱメディアの食い付きがいいというか笑。

加えて、どうも貴乃花部屋がらみの問題が多いよね。貴ノ岩は被害者と加害者で登場、貴公俊も7月に付け人だった貴西龍に暴行事件、というかそもそも元貴乃花親方がさんざん騒ぎの末に退職しちゃってて、女将さんも離婚でっていう、この1年くらいで貴ブランドの登場人物多すぎじゃない?

まそれはさておいて、つい先ごろ日本相撲協会が「暴力根絶」みたいなスローガン掲げたばかりなのに、早くも今回破られたので面目丸つぶれなんだけど、反面、相撲協会らしいなーと思ってて。というか相撲協会のホロスコープらしいな、っていうことだけど。

考えれば過去、部屋の暴行で死亡事件とかもあるので、その悪癖と言うか脈々と受け継がれてきた体質って、そうすぐには一掃できないような気もするけど。

1988~1990年生まれがちょっとしたトレンド

で貴ノ岩なんだけど、1990年生まれだよね。

貴ノ岩:ホロスコープ

貴ノ岩:ホロスコープ

この1988年~1990年生まれっていうのが、今ちょっとした「トレンド」と思ってるんだけど。というか、少し前から私はそのようなことは書いてて、というのもこの世代は天体配置が特徴的なので、なにかと話題になりやすい世代っていうのがある。

この1988~1990年世代はここで取り上げただけでも、小塚崇彦氏とか水原希子氏とか一色龍次郎氏とか井岡一翔氏とかアヴィーチーとかっていろいろいて、そもそもオウム真理教の法人スタートも1989年なので、なにかと事が大きくなりやすい。

もちろんそれはネガティブもポジティブも両面含めてで、どちらになるかはその人の生き方次第。テイラー・スイフトとか錦織圭氏もこの世代である。おっと忘れちゃならない、川谷絵音氏もいるか。

88~90年世代はサターンリターン

でこの世代は、最近サターンリターンなわけよ。昨年(2017年)末に土星が山羊座に入って、来年もずっと山羊座にいる。もともと土星っていう枠の中に収まらない配置の世代なので、サターンリターンはけっこうポイントになると思ってて。山羊座がやたら派手な世代だけに。

オウム真理教も今年サターンリターンだったので、麻原彰晃をはじめとする死刑囚の死刑が執行されて、一連の事件にひとつの区切りをつけた。

まあ貴ノ岩の場合はもう少し先だけど、彼は山羊座には個人天体も入っているので、これまでの経緯からしても影響は大きくなるのは仕方ないだろう。

さてこれを書いている2018年12月6日現在、トランジットの土星は山羊座の8度にいるけど、最近ぐいぐい巡行し始めているので、来年春くらいに一気に冥王星に近づいてしまう。

その頃、世の中に一波乱なければいいけど笑。

平成は波乱の時代、次の年号って?

そういえば来年って次の年号に変わるんだっけ。
2019年5月1日ってけっこう波乱のホロスコープだよね。

それで思い出したけど、この世代の1989年って平成のスタート年だし・・・今思うと平成はバブル崩壊があったし、リーマンショックもあったし、東日本大震災を始めとする災害も多く、国民が受けた被害は甚大だった。

で、平成スタートのホロスコープを見ると、やっぱり波乱な感じなので、時代に反映されるかなと思わずにいられないのである。