小池百合子都知事が「希望の党」立ち上げ――選挙の目玉となるのか

いきなり衆議院解散で選挙になった。安倍政権にしてみれば、このタイミングなら勝てると踏んでのアクションだったろうし、実際ここのところの野党側にまるで勢いが感じられなかった。しかしそんな状況の中、まさかの小池百合子都知事が代表となり新党「希望の党」を立ち上げたことで、混迷化の様相を呈してきた。

森友・加計学園問題から逃げるための選挙?

いずれにせよ目前に迫っている北朝鮮の問題を放っておいての選挙は、国民にとってまったく意味不明なもので、7割もが「納得出来ない」と答えたのも当然かもしれない。

そのせいか「大義なき解散総選挙」と言われ、ニワカで作ったような「消費増税で教育・社会保障のための選挙」などと声高に言われたところで、「森友問題・加計問題の疑惑から逃げるため」説の説得力が上がるだけ、のような気がするのだけど。

しかも森友学園問題においては、籠池泰典氏と財務省近畿財務局との交渉時の録音データという決定的な証拠が出てきてしまい、「籠池氏=悪者」でハイ終了~、としたかった政権側にとって、これは逆風以外の何ものでもなかった。

しかしこの解散総選挙によって、録音データの件は一時的にウヤムヤにされた感があるのも確かな気がする。その意味では半ば成功だったのかもしれないし、さらに選挙でこのまま政権側が圧倒的に勝てば、この件はどうなるのだろうか。

【参照】籠池泰典氏と財務省のやり取り録音、音声データ及び文字起こしデータを全編完全公開!(HARBOR BUSINESS Online)

「希望の党」は本当に希望か

そんな中で小池新党・希望の党が結成されたのは、政権側にとって誤算だったとも言わている。しかもそこに民進党が合流することが明らかになったため、さらにその勢力は増したかもしれない。

民進党といえば、8月に細野豪志元環境相が離党してからというもの、離党ドミノが止められない状態にあった。しかも「衆議院解散」が報じられると、それはさらに加速度を増していった。その他にも蓮舫氏の問題や山尾志桜里氏のスキャンダルなどもあり、もはや野党第一党としての体をなしていなかったのも事実だろう。そのようなタイミングでの選挙は、間違いなく苦しいものになるはずだっただけに、今回の合流は渡りに船になるか。

そこで気になる希望の党だが、そもそも「都政に集中」するために都民ファーストの会の代表を辞任したのが小池百合子都知事なわけで、このあたりツッコミどころ満点と言えばそうなんだが、まあ小池氏の場合、太陽も火星も「気が変わりやすい」こいぬ座のプロキオンとパランしているから、そういうことになるのかも。

もうひとつ、小池氏のホロスコープは本来安定をもたらすはずの土星に、イマイチ安定度がないわけだよね。このあたりキーポイントだと思うけど――それは二転三転した築地市場の移転問題などの顛末を見ても分かるかと思う。

小池百合子氏:出生ホロスコープ

小池百合子氏:出生ホロスコープ

希望の党のホロスコープ

希望の党:ホロスコープ

希望の党:ホロスコープ

この組織のホロスコープを見てみたが、火星がパワフルな割に、太陽がちょっと弱いかなという印象だ。

ただ火星のパワフルさは「折り紙つき」と言いたくなるほどのもので、これはカリスマ性を持ち意志の強さがある。一方で強すぎるきらいもあって、従わない人は排除するという面も持つものである。
早くもこの特徴は現れていて、小池氏は民進党の候補について「全員を受け入れる考えはさらさらない」とキッパリ明言したと報じられた。つまりそういうことなのだ。

またこの火星は、魚座のフォーマルハウトや牡牛座のアルデバランなどとパランの関係にあるので、その意味でも力強い。

もともと火星は勢いの天体であり、スピードや興奮性・戦う力などを示す。その意味でこうした急造の戦う集団などには必要なエネルギーで、これがパワフルだからこそ希望の党が注目されるというのもあるのだろう。

一方で火星は常に力を発揮しているというわけではなくて、緊急時や気合い入れてギヤをアップするときなどに力を発揮するので、通常はやはり太陽の力が重要だろう。

その点において自民党の場合、太陽は土星と一緒にあって、ざっくりではあるが、長期に持続する組織なのだなと言うのがホロスコープに現れているのだ。まあ細かく読めばいろいろあるのだが。

さておき、昔から「政治は水物」と言われているので、まだどうなるものやら分からない。今日協力すると言っても、明日はどうなるのか。

そんな中で我々国民としては、ともかく自分の信じる一票を投じるしかない。