加藤勝信厚労相――この時期になるべくして厚生労働大臣になっている?

加藤勝信厚生労働大臣

陰性でクルーズ船を下船して帰国したオーストラリア人やアメリカ人から早くも陽性反応が出ており、下船させてよかったのか?とその判断に疑問を呈する人も多い。

そんな新型コロナウィルス問題で矢面に立っている加藤勝信厚生労働大臣。

東京大学を卒業後、1979年大蔵省に入省。
1995年に大蔵省を退省後、加藤六月衆議院議員の秘書を務め、2003年衆議院議員選挙で初当選(自民党中国比例ブロック)。

2007年内閣府大臣政務官、2010年自民党副幹事長、2015年内閣府特命担当大臣、2017年厚生労働大臣、2019年厚生労働大臣及び働き方改革担当大臣等を歴任。

四柱推命

先天命
【年】乙未
【月】丁亥
【日】丁亥
【時】??

大運
05才~ 丙戌
15才~ 乙酉
25才~ 甲申
35才~ 癸未
45才~ 壬午
55才~ 辛巳
65才~ 庚辰 <64才

これ一見すると官殺混雑だけど、大運がフォローしてる。
45才の壬午から喜神運に入ってるので。
この運で初当選しているし。

そのあとぐんぐん出世しているのは官殺との対抗だからでしょう。

だけど今年接木運で、未月に交替かな?ちょっと状況変わるかもしれない。
もしかしたら今の状況はその前兆だったりして。

ホロスコープ

加藤勝信氏

やはり厳しい状況だなあ。
まるでこの時期になるべくして厚生労働大臣になっているみたいな。

いずれにしてもこれだと混乱必至でしょう。
冷静で正常な状況コントロールができればいいが。

自身も感染には気をつけてもらいたい。