カネカのパタハラ問題が大炎上――カネカのホロスコープは問題起こしがち説?

育休明け2日後に転勤辞令

カネカのパタハラ問題が大炎上してるけど、そもそも最近「○○ハラスメント」の種類が増えすぎちゃってない?そのたびに意味調べてる笑。

で、この問題はまず、2019年6月1日に発せられた以下のツイッターから。

この時点では会社名は明かされていなかったが、その後のツイートで「カガクでネガイをカナエル会社」というハッシュタグを付けたため、カネカに「見せしめ転勤」疑惑が浮上した。

このツイ主は生後4ヶ月と2才の子供を抱え、家を新築し、直前に社宅から引っ越したばかりだったとのこと。困って各方面に相談したが聞き入れられず、結局ツイートにあるように、夫は会社を辞め専業主夫に、妻自らが家族を養う決意をしたという。

カネカ自ら火に油を

この一連の騒ぎの最中、カネカ公式サイトから、育児休業や男性の育休取得に関するページが削除された、という噂が広がり騒ぎに→カネカ側は、故意に消してない・旧ページが見られるようになっていただけ、と否定。

っていうかそれ通用する言い訳なの?って話で、火消しになるどころか、逆に油を注ぐ。

さらにカネカ社長名義の社内メールが流出。

2019年6月3日

社員各位

社長

昨日6月2日より、SNS上に当社に関連すると思われる書き込みが多数なされていますが、正確性に欠ける内容です。

育児休業休職直後に転勤の内示を行ったということはありますが、これは育児休業休職取得に対する見せしめといったものではありません。

十分な意思疎通ができておらず、着任の仕方等、転勤の具体的な進め方について当該社員に誤解を生じさせたことは配慮不足であったと認識しております。

春の労使協議会でも述べたとおり、「社員は最も重要なステークホルダー」であります。

今回のような行き違いを二度と発生させない様、再発防止に努めます。

以上
【引用元】カネカ続報、「即転勤」認める社長メールを入手/日経ビジネス

このメールにより、ツイ主夫が同社の社員であったこと、転勤の内示を行ったこと、を社長自ら認めてしまっている。

まあでもネットの反応を見ていると、こうした転勤は大企業ではよくある話みたいで、”新居購入→ローンのため会社辞められない→転勤受け入れざるを得ない”っていうのが根底にあるみたいだ。

被害者面して実は起業準備中だった?

ところがこの後、ツイ主側にも疑惑が浮上し、雲行きが怪しくなってきた。というのもツイ主は今年1月24日付のツイートで「2019年にやること」と題した中に「夫起業の具体的な準備」という記述があったことを掘り起こされてしまった。

実は起業するため、遅かれ早かれ退職予定だったことがバレる→ツイートはすぐに削除されたが、スクショが出回ってしまった。

カネカのホロスコープ

カネカは1968年に「カネミ油症事件」に絡み、世界的な注目を集めた。食用油にダイオキシン類が混入し、西日本一帯に食中毒が広まった”国内最大級の食品公害”事件。

また1998年にも転勤が原因で社員が過労自殺しているという。

カネカ

カネカのホロスコープをみると、事あるごとにすんなりいかない感じだね。
何かしらカベにぶち当たるような。また犠牲が出る暗示も持っている。

上記二件とも裁判になっているが。