元ボクサー内藤大助氏がバイク事故で肋骨骨折の重症

バイクの下敷きになり肋骨骨折

元WBC世界フライ級チャンピオンの内藤大助氏が、交通事故で肋骨を折る重傷をしたという。

10月11日14時半頃、バイクを運転中に東京都葛飾区の交差点でトラックと接触して転倒、バイクの下敷きになったとのこと。

 警視庁によりますと、11日午後2時半頃、葛飾区の交差点で元プロボクサーでタレントの内藤大助さんがバイクを運転中、左折しようとしたトラックと接触して転倒し、肋骨を折る重傷を負いました。

【出典元】内藤大助 バイク事故で重傷/niftyニュース

ホロスコープは要注意時期

事故はホロスコープが危うい時に起こる確率が高いが、内藤氏の場合も今ハードなポイントが3つくらい重なってる。ちょっと不注意っていう感じはあるかと。

木星が絡んでいるので、トラックみたいな大きい相手になったかな。

内藤大助氏